• 1:
  • のっぺらー ★
  • 2016/12/29(木)
  • 09:19:00
  • ID:CAP_USER.net (1/1回)

本物の殻とリアルなフィギュアを組み合わせた標本で、日本各地のカタツムリを紹介する企画展
「魅力あるカタツムリの世界」が人と自然の博物館(兵庫県三田市弥生が丘6)で開かれる。

造形作家・河野甲(こうのこう)さん=京都府木津川市=がシリコン樹脂で制作した作品約200点が並ぶ。
同館は年末年始の休館期間後の3日から開館。
企画展は9日まで。

河野さんは生き物の形態をモチーフに、主に皮革を素材として立体作品を手掛ける。
特にカタツムリが好きで、収集した本物の殻にシリコン製の造形物を付けた独自の標本は
軟らかく、ぬれて透き通るような質感まで再現している。

県内に生息するセトウチマイマイやナミマイマイなどを展示。
殻の直径が5センチを超えることもある六甲山系最大のカタツムリ、ギュリキマイマイもある。

数少ない左巻きの種類や、殻に毛が生えたケマイマイ、細長い陸生巻き貝キセルガイなど多様な種類が並ぶ。
民俗学者・柳田国男がカタツムリを指す多彩な方言を記録した1930年の論文「蝸牛考(かぎゅうこう)」も紹介する。

三橋弘宗研究員は「まだ解明されていないことも多い動物。じっくり観察してほしい」と呼び掛ける。

写真:本物の殻と精巧なフィギュアを組み合わせた標本を展示
http://www.kobe-np.co.jp/news/sanda/201612/img/b_09788618.jpg

以下ソース:神戸新聞 2016/12/29 05:30
http://www.kobe-np.co.jp/news/sanda/201612/0009789086.shtml

  • 2:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 09:26:06
  • ID:Rr5W6IFf.net (1/1回)

 |  |
 |  |∩___∩
 |_| ノ     ヽ
 |熊| ●   ● |
 |に|   ( _●_) ミ    
 |注|   |∪| /  
 |意|.   ヽノ / わいはコタツムリや
 | ̄ミヽ_  /
 |  | ヾ   /

  • 3:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 09:27:54
  • ID:gFeLntE4.net (1/1回)

人間の左巻きは多数いるが

  • 4:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 09:35:27
  • ID:jYBhLsjK.net (1/1回)

アフリカマイマイでググってみ