• 1:
  • のっぺらー ★
  • 2016/12/29(木)
  • 21:13:07
  • ID:CAP_USER.net (1/1回)

奈良市の春日大社は29日、宝庫にあった太刀が、
鎌倉時代後期に活躍した刀工「延寿派国吉」が作った名刀と分かったと発表した。
研がれた跡がほとんどなく、未使用で保存されていたとみられ、貴重な発見となった。
来年3月27日まで国宝殿で展示中。

春日大社によると、1939年に宝庫の天井裏で発見された太刀3振りを、
20年に1度社殿を大規模修理する今年の「式年造替」を機にさびを落として鑑定した。
このうち全長約107センチの太刀の柄に「国吉」と刻まれていた。
延寿派国吉の刀は室町時代の将軍足利義教が愛用したという。

写真:延寿派国吉が作った名刀と分かった太刀
http://nordot-res.cloudinary.com/ch/images/187137350741018105/origin_1.jpg

以下ソース:共同通信 2016/12/29 18:3612/29 18:38updated
https://this.kiji.is/187137103990261238?c=39546741839462401

  • 2:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 21:19:01
  • ID:iT2x1g57.net (1/1回)

使用済み名刀とかだったら逆に怖いだろw

  • 3:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 21:21:17
  • ID:3ughddhA.net (1/2回)

未使用なのに銘刀なのか?

  • 4:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 21:21:56
  • ID:pxZauH7p.net (1/1回)

天下五剣や正宗、村正よりすごいのか?

  • 5:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 21:25:45
  • ID:KgARbDOI.net (1/1回)

新品とはいえ、当時のことだから罪人の死体で試し斬りはしてるんだろう。

  • 6:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 21:27:57
  • ID:4JfDhV3T.net (1/4回)

神社に奉納するのに使用済みとかないわ
大三島の鎧とかも未使用ばっかりや
寺に悪霊のついた刀持って行くのとは違うやろ

  • 7:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 21:28:23
  • ID:9llDyDqa.net (1/1回)

ウリナラのものニダ!
倭寇に盗まれたニダ!

  • 8:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 21:29:00
  • ID:g0colAhy.net (1/2回)

>>1
この鎌倉時代の太刀の長さを見ても、

普通にこれを腰に差して、振り回していたと思うと、
当時の鎌倉武士が決して身長が低くなかったってことが分かるよな。

全長107センチの太刀となると、現在の身長170センチの日本人でも丁度良い長さとなる。

  • 9:
  • あぼーん
  • あぼーん
  • 09:00:00
  • (1/1回)

あぼーん

  • 10:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 21:33:37
  • ID:CZk/gqRN.net (1/1回)

何でいま発表している訳?
その気になれば、ずいぶん前に判った事だろうに。w

  • 11:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 21:34:45
  • ID:+GzIreWw.net (1/1回)

とりあえず韓国人に盗まれないようにしろよ。

  • 12:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 21:36:47
  • ID:TXHI6YlL.net (1/1回)

すぐにレプリカを作って本物は金庫へ

  • 13:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 21:37:38
  • ID:qbqdAWo1.net (1/1回)

いちめーとるの竿物を腰に差して生活するのはたとえ180越えでも無理だな

  • 14:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 21:43:52
  • ID:XKR9xTzM.net (1/2回)

この前レプリカ造って奉納したのとは別の刀か

  • 15:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 21:46:16
  • ID:bOkXr8Vx.net (1/1回)

俺のみたいな感じだな

  • 16:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 21:51:18
  • ID:K+4H6EmV.net (1/1回)

>>8
太刀は馬上で使うものだよ

  • 17:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 21:51:33
  • ID:XKR9xTzM.net (2/2回)

>>15
未使用か…

  • 18:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 21:51:59
  • ID:3CnqOn1W.net (1/1回)

>>10
別に「探していた」わけじゃないから

  • 19:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 21:54:41
  • ID:3ughddhA.net (2/2回)

誰が奉納したんだろうか?

  • 20:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 21:56:28
  • ID:8bz7QZAP.net (1/1回)

>>15
あれだろ?
やすやすと使えない様に、刀身をありあまる鞘(皮)で保護してある名刀だろ?

  • 21:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 22:03:02
  • ID:4JfDhV3T.net (2/4回)

>>15
人はきってないけど素振りしたり藁を切ったりはしてるだろ

  • 22:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 22:03:16
  • ID:H1uiF6Xf.net (1/1回)

>1939年に宝庫の天井裏で発見された太刀3振りを・・・

まさか、盗賊・火災・魔物から宝庫を護る護符のような特殊な刀とか?

  • 23:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 22:14:07
  • ID:500mDgmu.net (1/1回)

なげーな

  • 24:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 22:18:56
  • ID:tNddXWfX.net (1/2回)

さび落として当たりが出たらもう一本

  • 25:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 22:28:45
  • ID:hR4j4f+l.net (1/1回)

>>19
別ニュースでは北条氏とか言ってたな

  • 26:
  • 名無しのウリニダ
  • 2016/12/29(木)
  • 22:35:28
  • ID:HH3ixTrj.net (1/1回)

此の刀は、豊臣秀吉が半島から盗んだ名刀
ウリの一族皆殺しにして、盗んだんだ
目撃証人は、ウリの先祖だから間違いない

  • 27:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 22:43:46
  • ID:tNddXWfX.net (2/2回)

>>26
今は成分分析できるからインチキは無意味。

  • 28:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 22:47:40
  • ID:5AoeBEzp.net (1/1回)

鎌倉時代独特のカーブだよね、キレイだ

  • 29:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 22:48:01
  • ID:pbeM3xd1.net (1/1回)

全長が107?とすると柄の長さが25?から30?位だから刃渡りは
82?から77?になる。尺貫法では2尺7寸から2尺5寸で合戦に使用するには
丁度良い長さである。身長173?の小生の家にも2尺4寸の居合刀があるが
ぎりぎり抜ける長さです。

  • 30:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 22:56:34
  • ID:g0colAhy.net (2/2回)

>>16
確かに、馬上専用で使う太刀は「大太刀」と呼ばれ、長さ2m3mになるものもある。

しかし、今回の太刀は普通の太刀で平時にも佩刀できるものだからな。
身に帯びて身長に比べて長すぎる刀は、チンチクリン状態となり、子供が大人の刀を差したようになって見苦しくなる。

  • 31:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 22:57:00
  • ID:4JfDhV3T.net (3/4回)

国吉なら肥後だったと思うが北条氏が奉納したとしたら元寇関係?
でもそれなら中期だし時代が違うか

  • 32:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 23:01:05
  • ID:CB6q+YHh.net (1/1回)

南冲尋定の刀って残ってないのかよ?有名だろ?

  • 33:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 23:02:10
  • ID:lWbs9iuo.net (1/1回)

妖刀村正じゃないのか

  • 34:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 23:11:38
  • ID:E1SfNCPn.net (1/1回)

盗まれないようにしてくれよ。

  • 35:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 23:15:19
  • ID:joR5hH9r.net (1/1回)

名豆を切る

  • 36:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 23:29:09
  • ID:uekZuCkj.net (1/1回)

奉納される刀は実用目的でない可能性もある。
尋常でない長さの太刀が奉納されている神社もある。

  • 37:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 23:36:55
  • ID:ggyO4AqN.net (1/1回)

107cmって相当重そうだし、よほど大柄の人じゃないと振り回せなさそう。

  • 38:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 23:38:04
  • ID:o+8iBswZ.net (1/1回)

春日大社最近話題多いね

式年造替にむけてがんばってるのか

  • 39:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 23:44:54
  • ID:m3CWlzwW.net (1/1回)

107cmって3.54尺か、なげぇな
三尺刀でもこんだけ長いんだぜ
https://m.youtube.com/watch?v=eWmkbzImrFQ

  • 40:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 23:46:26
  • ID:2R7yT6al.net (1/1回)

>>15名刀肥後守乙

  • 41:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 23:48:49
  • ID:9QdUJWex.net (1/2回)

>>30
蕨手刀の立場は?

  • 42:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 23:49:42
  • ID:9QdUJWex.net (2/2回)

>>15
竹光じゃないよ

  • 43:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 23:54:30
  • ID:4JfDhV3T.net (4/4回)

>>35
シグルイの虎眼先生

  • 44:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 23:55:34
  • ID:33v2k4gF.net (1/1回)

要は帯刀して抜けるか抜けないかだな

  • 45:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/29(木)
  • 23:57:09
  • ID:L2D1TSYt.net (1/1回)

国吉が蘇る時
日本は乱世に巻き込まれるだろう・・・





しかし海上保安庁がその忌まわしき呪縛を断つのもそう遠くないであろう・・・・・

  • 46:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 00:02:05
  • ID:jesAHVJ7.net (1/1回)

錆を落としちまったら未使用じゃねえなあ

だがパンツは使用済に価値があるんだから刀だって未使用じゃなくても価値があるはず

  • 47:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 00:04:32
  • ID:Vq31UXt3.net (1/1回)

進駐軍が発見なら即没収、日本に戻ることはなかった よく天井裏で残っていたものだ

  • 48:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 00:05:35
  • ID:UFThSpWb.net (1/2回)

>>8
あのねえ、太刀は、打刀(ウチガタナ)じゃないよ。
腰に佩くんだよ。つまり二箇所を太刀緒という紐で吊り下げる方式。

日蓮の太刀だって、108?ある。

  • 49:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 00:11:39
  • ID:UFThSpWb.net (2/2回)

>>47
進駐軍に接収されて、米軍人が住んだ屋敷のなかには、地味な色合いが気に入らない
という夫人によって、ペンキを塗りたくられてしまい、返還されたあとになって
泣く泣く解体せざるを得なかった重文級の名茶室もあったそうだよ。

  • 50:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 00:17:45
  • ID:21k0Vv1M.net (1/1回)

>>49 おどれ糞アメ公くやしいのお

  • 51:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 00:37:12
  • ID:S2UafNNx.net (1/1回)

先日のNHKの復元はおもしろかったな

  • 52:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 00:45:36
  • ID:ubampe0Z.net (1/1回)

しかし、基本的に手仕事の飾り細工は別にして、刀身は現代的な工作機械も使わずによくあそこまで出来るもんだ

  • 53:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 00:52:27
  • ID:Xf3LuWq7.net (1/1回)

>>1

ロストテクノロジー
鎌倉時代の銘刀と同品質のものは
現代では作れない
鉄は時代と共に劣化しているとも
云われている

  • 54:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 01:48:09
  • ID:4fc2CqAB.net (1/1回)

刀の鉄は、切った人間の血にあるへモブロビンの鉄分を吸収結合するからね。
ホント、刀は血を吸う。。

  • 55:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 01:54:25
  • ID:iaE2gYC6.net (1/1回)

「 カス♪カスカスカス春日♪(無限ループ)」

  • 56:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 03:04:04
  • ID:Tc+aCD/D.net (1/1回)

>>5

名刀は、プロだと見れば分かるそうだよ。

「何を言ってやがる」と思ったが、某所で結構な値段の刀が展示してあって見てびっくりした事ある。
TVや写真じゃ分かんないけど、生で見ると物凄い迫力があるんだよ。こう、なんというか・・・表現できないけど。

もしかしたら、名刀はそれなりの人が見たら、分かるのかも知れない。

  • 57:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 03:39:21
  • ID:4aEBySF4.net (1/1回)

京都国立博物館で参考展示の鎌倉時代の刀を見たが、確かに室町以降の刀とは別格の、まさに「研ぎ澄まされたような」迫力がある。
そういうのはあんまり目に触れるところには出てこないんな。

  • 58:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 04:13:53
  • ID:xf8DV6Ow.net (1/1回)

つ 「実戦刀譚」特に「町人鑑刀」の章

  • 59:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 05:04:49
  • ID:zzXFJnjH.net (1/1回)

いわゆる童貞ってやつですね?w

  • 60:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 05:18:29
  • ID:WwUsgUo3.net (1/1回)

北半球は400年周期の温暖期で今は温暖期後半。鎌倉時代も温暖期で平均身長は今と変わらない170cmくらいあった。
当時の鎧のサイズとも合致する物証もある事実。栄養価の問題もあるけど、江戸期は寒くて150cmくらいって梅干博士の本で読んだ。

  • 61:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 05:49:00
  • ID:/WysHvkS.net (1/1回)

浜松市の国吉町を思いだしたわ俺の産まれ
育った小さい町だけどね

  • 62:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 06:03:15
  • ID:bXs0YrLJ.net (1/1回)

お前らの名刀はどうなんだ?ん?

  • 63:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 06:07:10
  • ID:2TE4qUmz.net (1/1回)

家宝として鞘に収まってるに決まっておろうが!

  • 64:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 06:16:34
  • ID:bQT6KU8l.net (1/1回)

白光りしてるよ

  • 65:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 06:37:21
  • ID:diyqRy9q.net (1/1回)

>>15
名刀・・・?
ウインナー乙

  • 66:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 06:54:53
  • ID:Osq0LiAl.net (1/1回)

在原業平「またつまらぬものを斬ってしまった」

  • 67:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 08:37:17
  • ID:byhDLVPC.net (1/1回)

>>8
俺も当時の日本人は長身が多かったと思う。
180以上はザラだったはず。

  • 68:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 08:46:59
  • ID:8wcHcC3D.net (1/1回)

>>26
だから鎌倉時代だっつーのw

  • 69:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 09:06:43
  • ID:tN+WH6gg.net (1/1回)

こんなものを鎌倉時代にもう作っていたのか?
すごいもんだな。

とても美しく輝いているのは、錆を落としたと書いてあるが
ついでに多少磨いたんだろうね。

それにしても、美しい。
こういう美感性はどうやって培われたのだろうか。

  • 70:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 09:20:20
  • ID:N2t1PKFR.net (1/1回)

鮮人抜刀剣とはキチガイ鮮人を斬る刀である

  • 71:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 10:37:05
  • ID:b8+DbQFB.net (1/1回)
  • 72:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 11:14:13
  • ID:HsGqWtuJ.net (1/1回)

ニダ━━━━━━<丶`∀´>━━━━━━!!!!

  • 73:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 11:25:22
  • ID:kqSwYBv4.net (1/1回)

>>53
違うよ。武器として造っていないから。武器としての刀を追求すると、当時の刀が蘇る。
そして現代で武器としての刀を作り上げた刀鍛冶、河内國平
https://m.youtube.com/watch?v=A9r3JkSWyPI
少なくても明治以降で乱れ映りが現れた刀は初めてだと言われている

  • 74:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 11:26:48
  • ID:ykqHAo78.net (1/1回)

柄の部分が長いタイプ
これ後世になると今の包丁見たく短くなる
実践ではここがムチャクチャ壊れやすくなるから
何で短くなったのか謎なんだな

  • 75:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 12:31:55
  • ID:a6WzYgYI.net (1/1回)

元々奉納するのが目的で作ったから
未使用なのかな

  • 76:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 13:45:06
  • ID:YB4rf0Bg.net (1/1回)

>>73
この人の講演を聞いた事あるけど
関西弁でめっちゃ話が上手くて面白い

  • 77:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 14:04:21
  • ID:8iVpvFyz.net (1/1回)

南北朝の時代なの?

  • 78:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 15:47:47
  • ID:RthHuYnj.net (1/2回)

>>56
日中戦争でばんばん中国人切ってた成瀬なんとなって人は
本阿弥とかあのへんの鑑定士の目利きは全く当てにならん って書いてたぞ

  • 79:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 16:43:05
  • ID:Q+77yqz3.net (1/1回)

そんなもんどこの世界でもそう
肩書きと能力は一致しない

古い物関連など特にそう
考古学界を崩壊させたゴッドハンドとそれを擁護した学会など最たるものだ

  • 80:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 18:06:51
  • ID:86iS+pI+.net (1/1回)

成瀬関次みたいなホラ吹きは今も昔も刀剣界にたくさんいる
河内國平だって、実の息子が家を出てよそで刀鍛冶やっている理由を考えてみろ

  • 81:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 20:32:10
  • ID:Hf8llmYZ.net (1/1回)

> 宝庫の天井裏で発見された太刀3振り
保存用、観賞用、布教用か

  • 82:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/30(金)
  • 22:03:55
  • ID:RthHuYnj.net (2/2回)

春日大社宝庫 天井裏の刀は「国宝・重文級」
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20161230-OYO1T50002.html

  • 83:
  • やまとななしこ
  • 2016/12/31(土)
  • 01:46:21
  • ID:+NSH7aZ8.net (1/1回)

>>8
源氏に7尺の奴いるし

  • 84:
  • やまとななしこ
  • 2017/01/06(金)
  • 09:44:29
  • ID:1Hgf3oav.net (1/1回)

新潟の弥彦神社のはFFの武器にしか見えない

http://www.e-yahiko.com/bunkazai/10.htm

  • 85:
  • やまとななしこ
  • 2017/01/06(金)
  • 10:04:47
  • ID:qEJoKpL7.net (1/1回)

↑ お前等の〇〇〇と同じだな!?

  • 86:
  • やまとななしこ
  • 2017/01/20(金)
  • 06:38:09
  • ID:h4/lBscs.net (1/1回)

この前も春日大社が太刀を現代の人間国宝たちに復元させてたな
現代最高の名匠たちが作ってそれ自体は確かに出来栄えは国宝級でよく復元したと言えるかもしれないけど
それでも元の太刀と見比べるとはるか上をいってた
当時の職人たちが化け物並みの技術を持った人たちだったかということがよく分かる