• 1:
  • もろ禿HINE! ★@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 18:03:22
  • ID:CAP_USER.net (1/1回)

恐竜、小惑星衝突の数千万年前から生存の危機 研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3084455


【4月19日 AFP】恐竜は、最終的な絶滅に至る数千万年も前から生存の危機にすでに陥っていたとする研究結果が18日、発表された。恐竜の絶滅は、小惑星の衝突で発生した砂塵が生息環境に降り注いだことが原因と広く考えられている。

 地球上に存在した最後の時期に恐竜が健全な状態にあったかどうかをめぐっては、科学者らの間で、最盛期にあったとする説と、個体数の減少傾向が強かったとする説とで意見が分かれている。このほど、米科学アカデミー紀要(PNAS)に発表された研究成果は、この議論に大きな影響を与えるものとなりそうだ。

 発表された今回の研究では、世界中の化石記録が詳細に調べられ、統計分析が実施された。その結果、太陽系初期の残骸である小惑星が、現在のメキシコにあたる地域に衝突するまでの少なくとも4000万年の間、さまざまな種の恐竜が、新個体の出現よりも速いペースの個体数の減少に見舞われていたことが示された。

 研究を主導した英レディング大学(University of Reading)の古生物学者、マナブ・サカモト(Manabu Sakamoto)氏は「この結果は予想外だった」と話す。「小惑星の衝突が、恐竜の最終的な絶滅を引き起こした最有力候補であることに変わりはないが、その一方で、恐竜が進化論的な意味ではすでに最盛期を過ぎていたことが明白となった」

 その一例として、存在が知られている中で最大の陸生動物である首の長い草食性の竜脚類恐竜の個体数が、最速のペースで減少していたことを研究チームは発見している。一方で、大型肉食恐竜ティラノサウルス・レックス(Tyrannosaurus rex、T・レックス)を含む分類群の獣脚類は、絶滅がより緩やかなペースで進行したという。

 恐竜が生存の危機に陥ったのは、大陸塊の分裂や持続的な火山活動などが要因となっている可能性が高いと、研究チームは指摘する。

 そして今から6600万年前に現在のメキシコで、「チチュルブ(Chicxulub)衝突」として知られる巨大な小惑星が地球に衝突する事象が発生した。衝突の衝撃で大量の砂塵が巻き上げられ、太陽光を遮断した結果、地球寒冷化と広範囲に及ぶ植物死滅の時期に突入した。草木などの植物が死滅すると、重要な食料源とすみかを奪われた恐竜たちも、同様に姿を消すことになった。


■未来に関する知見

 このほどの研究についてサカモト氏は、「恐竜は、最終的な絶滅を迎える数千万年も前から、地球上の優占種としての優位性を失い始めていたことを、この結果は示唆している」と説明する。

 さらにこの研究は、未来に関する知見をもたらしている。すでに多くの生物種が、人為的な気候変動に起因する危機に直面している状況において、大災害が発生すれば、苦境に立たされているそれらの種は完全に絶滅してしまう可能性があるというのだ。

「動物の一群で、個体の差し替えが可能なペースより速い速度で個体数の減少が進行している場合には、大災害が起きるとすぐに絶滅に追い込まれる傾向があることを、今回の結果は強く示唆している」と、同氏は指摘する。そして「人類が引き起こした現在進行中の気候変動のせいで、生物種が空前のペースで絶滅に向かっている現状を考えると、このことが現在と未来の地球の生物多様性に対して持つ意味は極めて大きい」と続けた。(c)AFP

  • 2:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 18:05:46
  • ID:2qM2J241.net (1/1回)

「これがパニック障害なの」女性は、たった2枚の写真で伝えた

https://t.co/GnV9AnnbQY

  • 3:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 18:13:06
  • ID:nlT8x+/Z.net (1/1回)

>>1
・・研究を主導した英レディング大学(University of Reading)の古生物学者、マナブ・サカモト(Manabu Sakamoto)氏は

NYタイムスの顰に倣ったんですね。ご本人は本当におジャパニーズですか?

  • 4:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 18:32:04
  • ID:fHrZlGIc.net (1/2回)

考古学における地層の分析やらによると
2600万年周期で大量絶滅が起きてんだと。
人類は大量絶滅を迎える前に宇宙へ雄飛できるかな?

  • 5:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 18:44:17
  • ID:Vmk7EuZK.net (1/2回)

爬虫類ではそれ以上進化しない結論が出たので小惑星落として37564にしました

  • 6:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 18:56:15
  • ID:VK/KggrJ.net (1/1回)

研究は否定しないが、未来への提言はよけいだ
そもそも研究成果そのものがどうでもよいことなのに、それを元に未来を語られては白ける
生物多様性も、実際の所あるのがよいのか悪いのか分かりはしない
ゴキブリだけの地球の方がいいんじゃないの

  • 7:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 19:02:13
  • ID:GvUyvrnX.net (1/1回)

>>1
>進化論的な意味ではすでに最盛期を過ぎていた

何じゃ「最盛期」って。
生物学に最盛期なんて概念があるのか?

そもそも、だったら、なんで小惑星衝突まで哺乳類の適応放散は起きなかったんだよ

  • 8:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 19:07:49
  • ID:NFZdXq38.net (1/2回)

Wounded Warrior Project Please inquire about it.

  • 9:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 19:08:05
  • ID:o66sWWPM.net (1/1回)

進化論的な意味での最盛期がよく分からないけど種の数が一番多い時期くらいの意味か

>>6
少なくとも人類にとっては多様性がある方が都合がいいんじゃない

  • 10:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 19:08:12
  • ID:NFZdXq38.net (2/2回)

IN 宮崎みどり

  • 11:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 19:08:51
  • ID:nfRiajMp.net (1/1回)

化石記録の統計分析ねえ
元になる化石自体が発見頻度ばらばらなのに何の意味があるのか

  • 12:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 19:11:09
  • ID:K3ESvwSp.net (1/1回)

全ての生物には細胞分裂の回数に限界があるのではないか。
人間も数万世代の交代を繰り返して細胞がそれ以上分裂できなくて
滅亡すると思う。
ある日、13億人の中国人も1億2千万人の日本人も時を同じくして
死滅すると云うことです。

  • 13:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 19:13:08
  • ID:Vmk7EuZK.net (2/2回)

人類も進化の最盛期を過ぎたら37564

  • 14:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 19:13:59
  • ID:6HoIH4Fn.net (1/1回)

>>13
ゴキブリ並みにしぶといから無問題

  • 15:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 19:14:53
  • ID:fHrZlGIc.net (2/2回)

はるかはるか遠い遠い未来には、
すべての原子が崩壊して物質を維持できなくなる。

  • 16:
  • 名無しのひみつ
  • 2016/04/19(火)
  • 19:55:36
  • ID:nIb2p0xFf (1/1回)

人類も大規模な地球的火山活動で絶滅するだろうね

  • 17:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 19:37:58
  • ID:902PzmmY.net (1/1回)

>>11
絶滅を論じるのに荒っぽいデータ処理でもないよりはマシ
ラウプ以前は完全に印象論で絶滅が論じられていたからな
ただこの研究に関しては、後期白亜紀の恐竜の研究者はホーナーを筆頭にランパーが多く、
前期白亜紀の恐竜はスプリッターのおもちゃにされてる、ってだけな気がする

  • 18:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 19:42:53
  • ID:qx6BO22R.net (1/1回)

>>6
> 研究は否定しないが、未来への提言はよけいだ
> そもそも研究成果そのものがどうでもよいことなのに、それを元に未来を語られては白ける
いやどうでも良くないが
過去を知るのは未来につながるわけで、お前何にも分かってないんだなあ

> 生物多様性も、実際の所あるのがよいのか悪いのか分かりはしない
本当にお前は何も分かってない馬鹿
何のためにそれをしたり言ったりしてるのか何一つ分かってないんだな
小学生かよw

  • 19:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 19:46:32
  • ID:1nqRZe7t.net (1/1回)

大量絶滅したなら、そのころの化石がまとまって発見されるはずなのに

ちなみに人類の化石は火葬の普及で激減したから未来の学者は騙されないで

  • 20:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 20:01:01
  • ID:Zelx7QyF.net (1/1回)

何万年後には人間は生物の限界で滅び
機械人がコンピュータ政府を中心に暮らしているのか

  • 21:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 20:04:15
  • ID:DBut1V2U.net (1/1回)

>>1
小惑星の衝突から遡って、因果律の再構築がなされたのかもね。

  • 22:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 20:04:27
  • ID:yAPyK7eE.net (1/1回)

アロサウロスがいなくなり、代わりにティラノサウルスがっていうような、交代劇じゃないのか?

  • 23:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 20:05:46
  • ID:M6Fug5zM.net (1/1回)

>>1
「進化論的な意味ではすでに最盛期を過ぎていた」

なにこれ?
意味不明
「進化論的な意味」ってどういう意味?

  • 24:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 20:20:59
  • ID:ntpUeTpu.net (1/1回)

今、鳥が絶滅せず大繁栄してるわけで
隕石がなくても、どっちみち鳥にトリ込まれてたりして

  • 25:
  • 名無しのひみつ
  • 2016/04/19(火)
  • 21:12:21
  • ID:tTGUGRH9D (1/1回)

だが逆に言えばそれから数千万年も存続していたということでもある

  • 26:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 21:17:13
  • ID:4pZYMmaf.net (1/1回)

新種が少ないてことは環境の変化が少なかったのかな

  • 27:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 21:25:30
  • ID:K+0XFOHK.net (1/1回)

隕石衝突は『死体なき殺人事件』なんて、よく言われるよなあ。
かつては隕石落下の30万年前までの地層から恐竜が見つかってないと言われてたけど
約6580万年前〜6550万年前の地層から、今も恐竜の骨は見つかってないのかな?

  • 28:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 23:04:24
  • ID:W8bZ/Lkd.net (1/1回)

でかすぎたんだよw

  • 29:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 23:29:24
  • ID:c+l4oAdq.net (1/1回)

恐竜が数を減らしていたのなら、何が数を増やしていたのだろうか

  • 30:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/19(火)
  • 23:33:48
  • ID:VSZ5Xu7U.net (1/1回)

>>17
何言ってるか本当に分からんわ
ラッパーが本研究と何の関係性を持ち続けるのか?

  • 31:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 00:35:28
  • ID:V3DwtJsT.net (1/1回)

隕石後もそこそこの期間、生き残っていた首長もいたんだっけ?

  • 32:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 00:37:42
  • ID:a651kO5A.net (1/1回)

研究者が日本で研究、発表しない理由が
このスレのレスを見るだけで想像に容易い

  • 33:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 01:27:11
  • ID:JckKnybe.net (1/2回)

>>31
首長竜は絶滅してるんじゃね

生き延びたのは
コリストデラ目のチャンプソサウルス

  • 34:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 01:53:54
  • ID:fttO2/gR.net (1/1回)

>>32
2chのレスを基準に考えるとそうなるよね

  • 35:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 01:54:29
  • ID:JckKnybe.net (2/2回)

竜脚類のアラモサウルスが生き延びたって説もあるらしいな

  • 36:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 02:18:38
  • ID:36dMEPdW.net (1/1回)

ワニさんは種の寿命というものがあるとすれば限界突破してると思うが
恐竜と何が明暗を分けたのか

  • 37:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 02:48:54
  • ID:m0NMktoA.net (1/1回)

違うぞ
恐竜が衰退した原因は地球の重力変化だ
現在の地球では決して飛ぶことができないほど巨大な翼竜
首を持ち上げることさえ叶わないディプロドクス
これらは過去の地球で確かに繁栄していた
肉食恐竜の減少が緩やかだったのは地球環境の変化で
僅かな時代これらの餌を捕食しやすくなったからに過ぎない

  • 38:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 03:19:49
  • ID:P2SjL/Ia.net (1/1回)

>>1
進化論的にはとか言ってるが
たぶん集団遺伝学のことだろうなあ
最盛期というのもよくわからないが
遺伝的平衡が保たれてない状態ということだろうか

  • 39:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 03:32:08
  • ID:1nGfQ18z.net (1/4回)

>>17
>ランパー
これって種分類での統合主義者って意味だよな?

>スプリッター
こっちは細分主義者って意味だろう

白亜紀末の恐竜に対して、トロサウルスとトリケラトプスが同種扱いになったり
ナノティラヌスもティラノサウルスの若い個体じゃないの?って話になったりして
挙句はマーストリヒト期の恐竜は4種類しかいない!って主張すらあったなw

>>1
>存在が知られている中で最大の陸生動物である首の長い草食性の竜脚類恐竜の個体数が、最速のペースで減少していたことを研究チームは発見している。

またディプロドクス類だけ見て結論出そうとする人がw
22年前のNHKの「花に追われた恐竜」とやってる事が結果として同じじゃねえか
統計学的にバックグラウンドを作ってみただけだ

>恐竜が生存の危機に陥ったのは、大陸塊の分裂や持続的な火山活動などが要因となっている可能性が高いと、研究チームは指摘する。

これについては面白い話があったねえ
白亜紀前〜中期の竜脚類で代表的なのはティタノサウルス類だが化石がなかなか見つからない
特に完全に揃った化石が殆ど無い
その理由が、世界各地で大陸の分裂が進んで更に高温で海面の高さも上がる時期だったので小さな陸塊が増える時期で
これだと陸生大型恐竜が化石になりにくい条件だったからでは、と

で、それが終わった後でマーストリヒト期くらいには、とにかく大型の竜脚類らしきものは殆どみつかっていないと
だからその全体の傾向を見て、恐竜は1億年前〜6600万年前の長期にわたって、絶滅への道を歩んでいたのである(キリッ 
って>>1は言いたいのか

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%A2%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9
アラモサウルス
中生代白亜紀後期(マーストリヒシアン)に北アメリカ大陸に生息していた代表的な竜脚類

>以前は体長21メートルと推定されてきたが、巨大な頚椎と大腿骨の存在が2011年に発表され、現在は全長は30?35メートルと
アルゼンチノサウルス並みのサイズに成長する史上最大級の竜脚類であったと考えられている[
これ初めて知ったw

>2011年1月、アラモサウルスが白亜紀大絶滅後も生き残っていた可能性が、カナダにあるアルバータ大学の研究者らにより指摘された[3][4]。
ニューメキシコ州サン・ホアン盆地で発掘された大腿骨の化石が、ウラン・鉛法で年代測定された結果、約6480万年前のものと推定された。
これはK-T境界の70万年後であり、この時代まで生き残っていた可能性も高いという。この研究は批判も多い

まだまだ、結論を出すには早いんじゃないかねえw

  • 40:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 03:50:13
  • ID:2/k4+B+3.net (1/2回)

黒川みつひろの、トリケラトプスの絵本の世界観も、
最盛期を過ぎたような時代を描写しているよな。

白亜紀はジュラ紀に比べて草木も少ないし、
草食動物が楽園を目指しているし。

  • 41:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 05:27:53
  • ID:2/k4+B+3.net (2/2回)

坂本先生、仕事しているなぁ
http://scholar.google.co.jp/citations?user=5mlqmj0AAAAJ&hl=ja

  • 42:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 06:01:41
  • ID:0qSz+DxZ.net (1/1回)

何らかの原因で、地球の引力は、今より弱かった。
それで、生物の巨大化がもたらされた。
その引力が強くなるに従って、巨大生物は衰退して
いったのである。
という、勝手な想像をしています。

  • 43:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 06:09:29
  • ID:M5z+ECOM.net (1/1回)

地球の磁場がなくなってたときに
ダメージ受けてたんじゃないの。

  • 44:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 06:31:40
  • ID:ZBDGj0hi.net (1/1回)

要するに人間も滅びの道に入っている

  • 45:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 06:51:49
  • ID:n+X7ctpC.net (1/1回)

恐竜時代末期においては
草食恐竜たちが食べていたシダ植物とか裸子植物に代わって
被子植物が台頭し始めていたという植物界の変化があったようだ。

被子植物とは花びらのあるきれいな花を咲かせる植物で
風による受粉だけしかなかった裸子とは異なり虫による受粉が行なわれる植物だ。

分かりやすく言えばジュラ紀までは現在と異なり
チョウチョとかミツバチのような存在は一般的ではなかったという事かもしれない。

  • 46:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 07:16:53
  • ID:5hYjQ46J.net (1/1回)

いずれ恐竜なんていなかったに辿り着くよ

  • 47:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 09:50:02
  • ID:JyU+ByS0.net (1/1回)

小惑星群の衝突に長期に渡った地球が襲われたとする説はどうなったの?
それによって起こった急激な環境の変化に恐竜がついていけずに
徐々に絶滅していったという説があるけど。

  • 48:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 10:56:49
  • ID:/NPtE98p.net (1/1回)

いまと地球の重力も違ったのかね?
あんなに大きくなるもんかねー
骨はあるみたいだが組立間違えてたりしないのかね?

本当に存在したんだろうか

  • 49:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 12:24:07
  • ID:w6yT+HRH.net (1/1回)

重力の変化は微々たるものだろう
それより大気構成の方が重要
いまより気圧は高く酸素濃度も高いと思われる
それにより巨大化した

  • 50:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 13:34:31
  • ID:KrB/mgG2.net (1/1回)

>>49
ペルム紀末に酸素が減少して
横隔膜や気嚢システムを備えた種が
選択的に生き延びて、
三畳紀になって酸素が増えると
巨大化して繁栄したって言われてるな

  • 51:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 14:08:21
  • ID:l4dVz0e3.net (1/1回)

またこの手の「新説」かよ
宗教的斉一説儲はこりねえな

  • 52:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 15:35:11
  • ID:gbRHROCh.net (1/1回)

重力の変化が微々たるってのは草だな
いまとほぼ同じ環境であんな馬鹿でかいのが動けるわけなかろーに
漫画の見すぎ

  • 53:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 15:44:23
  • ID:VIonXNqI.net (1/1回)

隕石落下がなくても哺乳類に取って代わるのは恐竜の子孫である恐鳥類の繁栄と衰退が示してる

  • 54:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 17:06:05
  • ID:TGwzrTA4.net (1/1回)

あほかそれは小惑星衝突など絶滅イベントがあったからだろ
1億年以上もずっと恐竜の天下で哺乳類はネズミみたいな感じで世闇にまぎれて
生きる事しか出来なかった事を忘れてはならない

  • 55:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 18:44:25
  • ID:vYtuJghj.net (1/1回)

最盛期を過ぎたって、何もなくて個体数が減少するわけなかろう
なにかカタストロフがあったのでは?

>大陸塊の分裂や持続的な火山活動などが要因となっている可能性が高いと、研究チームは指摘する。

これは理由になっていない気がする
大陸の真ん中ら辺は砂漠が広がるだけで生き物はあまり住めない
大陸が小さく分裂すればそれだけ居住空間が広がるわけで
むしろ生存に好適なはずだ

  • 56:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 19:13:31
  • ID:s8O5MsFC.net (1/1回)

>>6
二行目までは同意だが、三行目からおかしくなった。
良いか悪いかってのは、人間にとって良いか悪いかだぞ。
そこを履き違えるとマッドサイエンティストとなって、RPGのラスボスになる。

  • 57:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 19:57:01
  • ID:1nGfQ18z.net (2/4回)

>>42
それだとその時代にいる小型生物の骨格に残る付着跡から推定される筋肉量も小さくていい筈なんだが
現生生物と殆ど変わらないので、重力は大して変わっていないんだとさ

  • 58:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 19:57:56
  • ID:1nGfQ18z.net (3/4回)

>>45
被子植物は恐竜時代末期というより半ばちょっと過ぎくらいから誕生している

  • 59:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 20:01:38
  • ID:1nGfQ18z.net (4/4回)

>>45
>風による受粉だけしかなかった裸子とは異なり

今の裸子植物でも、グネツムという植物は花からうす甘い粘液を出して
それを虫が媒介することで受粉する

グネツムは葉の形も普通の平らな葉であり、被子と裸子を繋ぐ位置の植物?と言われたが
色々調べるとそうでもないとの事

ジュラ紀末辺りの地層から、葉が胚珠を包みかけたような様々な形態の裸子植物が見つかっている

  • 60:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 20:16:15
  • ID:kzUKj94R.net (1/1回)

隕石じゃないだろ。
2足歩行の凶悪な種が地球上に蔓延してるからな。そっちは完全スルーかよ。

  • 61:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 20:51:38
  • ID:A1IvH5Sn.net (1/1回)

>>3
東京理科大卒業後、恐竜研究のメッカであるブリストル大の大学院に
入りph.D取得したみたい。

>ttps://sites.google.com/site/rapt0rsn3st/

恐竜博士の真鍋真先生もブリストル大でph.D取得。

  • 62:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/20(水)
  • 21:39:24
  • ID:IQjsTQ4g.net (1/1回)

否定しかできないバカばっかり
批判して議論しろよ

  • 63:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/21(木)
  • 00:21:28
  • ID:Jwv/R4HQ.net (1/1回)

>>62
では貴方からどうぞ

  • 64:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/21(木)
  • 12:15:33
  • ID:7RP0op4z.net (1/1回)

汚染による死者の数は、他のいかなる原因よりも多いです。河川の汚染は社会に対する犯罪と見られなければなりません。
免疫システムの崩壊の結果がアレルギーです。人々は肺炎やインフルエンザやHIV/エイズなどに抵抗できなくなっています。
注意欠陥障害(ADD)と多動性障害(ADHD)、慢性疲労、あらゆる種類の癌の増大もまた放射能(最大の汚染源)によるものです。
増加するアルツハイマー病の原因となっており、より若い人々に起こっています。認知症の過程は放射能汚染によって加速します。
世界中で病気、主に皮膚、心臓、肺に関する病気の発生率が上昇しています。ずっと昔に征服された病気が復活しはじめています。

マイト★レーヤによれば、放射能は自然界の要素を妨害し、飛行機など原子のパターンが妨害されると墜落します。
Q 最近マレーシアの飛行機が消滅したのはこの事例ですか。  A いいえ。それは跡形もなく消滅しました。
Q 福島県民は永久に避難すべきでしょうか。            A 発電所が閉鎖されれば1年か2年で戻って来られるでしょう。



                 【カルト】   内部崩壊!?会員1000人脱会www   【脱洗脳】

                       どっちが福島の人間たちに対して、犯罪的か。
      「福島に近寄ってはいけない」と、実名で書いた者たちを、私たちは、記憶していなければいけない。

     私、副島隆彦が今も不愉快なのは、学問道場の会員を止(や)めた人が、1000人ぐらい出たことだ。
       私たちの学問道場の会員であって、「放射能コワい、コワい」の愚か者たちが大勢出た。[1879]

      「今も会員でいる人たちには、その人間としての余裕がある。]会員に求められる資質はこれである。
      道場を退会した者たちは、まず自らの信念とは何かについて真剣に考えなければならない。[1880]

     食べて応援で人が何人死んだみたいな無茶苦茶なこと、福島県の人に対してよく言えるな…。見苦しい。
                  https://twitter.com/tok aiama/status/720726309240836097



           体はメス 頭部はオスのクワガタ / 茨城県牛久市内の雑木林で高校生が発見
                  https://twitter.com/neko_aii/status/722759518518583297

  報道ステーション】数日後に連絡が来て、「実は東京が危ないということは報道できない」と、全面カットになった.
     ロンブー田村淳「実はボクも北茨城に行った次の日、、吐血って思うくらい布団が鼻血まみれになった」

「テラスハウス」今井洋介さん心筋梗塞去 31歳 / 阿藤快心不全 69歳 一押しすし店『海味』の大将も、同年死去
 盛岡動物園のヒトコブラクダが急性心不全 / 平標山で男性2人が急性心不全 助けに向かった64歳の男性も
                  https://twitter.com/Tanisennzo/status/718178698948554754

                 今のYahoo画面。若い男性の骨折が1度に二つも掲載されている。
                  https://twitter.com/onodekita/status/720207084432699393

              後々、健康被害が出たら、ウソを言った御用学者や政治家は、全員死刑だ。
                 https://twitter.com/Fibrodysplasia/status/363753995791114240



気象庁は年間600億円もの予算を使っていながら今まで大地震を予知したことは一度もない。

年間600億円も使って自然災害から人の命を救えないなら、
6,000万円の予算で全国の気象観測所で24時間体制でモグラと蛙と魚と鳥の観測でもした方がいいのでは。

テレビで熊本地震の解説をしていたなんとか大学のなんとか教授の顔を見ていると
自分が災害を予知出来なかった為に多くの人命が失われたことに対する反省の気持ちが全く感じられない。
学問の為の学問をしている何よりの証拠だ。何のための学問か、何のための政治か、何のための経済か、わかっていないようだ。

震源地がどこで、地下の断層がどうなろうと、そんなことはどうでもいい。何時、何処に地震が起きるかわかればそれでいいのだ。
http://www.chokugen.com/opinion/backnumber/h28/jiji160418_1067.html

  • 65:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/21(木)
  • 12:42:28
  • ID:SbmF/HgL.net (1/1回)

種の数が多いと繁栄してるって発想はどうなのか?
勝ちパターンを追求していくと特定の種に限定されていくもんじゃないの?

  • 66:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/21(木)
  • 19:44:24
  • ID:ZSIBE30D.net (1/1回)

地震と火山の現実見ると隕石じゃなくても死滅してるかもと思える
地球が強すぎる

  • 67:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/21(木)
  • 20:00:05
  • ID:NeMb46Tr.net (1/1回)

恐竜の代わりが居なかったのでそのまま恐竜の時代が続いてたがな
何か恣意的な理論で胡散臭い

  • 68:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/22(金)
  • 13:26:46
  • ID:53RZkyii.net (1/2回)

人類の種としての進化や寿命はどうなのかな
まあまだ高々万年レベルだからひよっ子かもしれん
もしも100万年後、1000万年後に人類が生き残っているなら今とどう変化してるのか見てみたい

グレイみたいになってたらやだなww

  • 69:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/22(金)
  • 13:51:21
  • ID:53RZkyii.net (2/2回)

人類の種としての進化や寿命はどうなのかな
まあまだ高々万年レベルだからひよっ子かもしれん
もしも100万年後、1000万年後に人類が生き残っているなら今とどう変化してるのか見てみたい

グレイみたいになってたらやだなww

  • 70:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/22(金)
  • 15:18:01
  • ID:ljTEv+bn.net (1/1回)

恐竜から進化した鳥類がそこら中にいてるやんけ

  • 71:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/22(金)
  • 15:27:08
  • ID:20nRrswq.net (1/1回)

ピー助

  • 72:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/22(金)
  • 16:58:19
  • ID:VTcqdeYl.net (1/1回)

恐竜は小型哺乳類の台頭で食われて滅びたという可能性を考えている。
ネズミのような哺乳類が、大量に増殖して恐竜に襲いかかり、
生きたままかじって食べてしまう。後には骨が残るだけ。
また地面に巣を作って生んだ恐竜の卵もネズミの餌食になる。

 それを避けて空を飛んだり、高い樹木の上に巣を作って
そこで卵を産むようになった鳥類はネズミに食われることを
免れるようになった。逆にネズミを空から飛び降りて捕らえて
食べることで進化した。

  • 73:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/22(金)
  • 17:59:31
  • ID:X75YVskL.net (1/1回)
  • 74:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/22(金)
  • 20:44:57
  • ID:k+XYUczz.net (1/1回)

>>72
生憎、小型恐竜の大半は哺乳類より俊敏だったのだ

ただし6600万年前になると、どうもヴェロキラプトル類も1種類しか見つかってないんだよなあ

で、小型肉食恐竜のニッチにティラノサウルスの子供が入ってたんじゃないの?って珍説が出ているw
そしてティラノサウルスの子供は非常にすばしっこくて頭が細面だった

  • 75:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/23(土)
  • 14:29:38
  • ID:rL98O3gW.net (1/1回)

>>74
その珍説もアケロウラプトルとダコタラプトルが相次いで発見されたことでサヨウナラ感が強いな。
ナノティラヌス≠Trex幼体説もたびたび否定的な論文は出るけど根拠が乏しいとする見解だけで、
同一だとする説にまともな根拠もないんだよね。
おそらくティラノサウルス属自体に複数の種があったという程度の見解が正しい気はするのだが。
トリケラトプス、トロサウルス、ネドケラトプスをすべてTホリドゥス1種に集約する説はさすがにホーナーの
共同研究者すら撤回をサジェストする論文出しちゃってるレベルだしもうダメだろうな。

結局白亜紀末の多様性の低さっていうのは研究情報の乏しさから来るアーティファクトによるところがメインなんじゃないか。

  • 76:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/25(月)
  • 00:24:37
  • ID:P5H4skYH.net (1/1回)

ダコタラプトルってまたまた大型化しちゃったドロマエオサウルス類なのか
5mもあったらユタラプトルの次に大きいな

むしろ多様性取り戻しつつあったんじゃないかなあとw

  • 77:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/26(火)
  • 06:48:16
  • ID:BmhYs6tB.net (1/2回)

恐竜が絶滅したのは「隕石の衝突」のせいじゃない:研究結果
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160422-00010000-wired-sctch

  • 78:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/26(火)
  • 06:48:48
  • ID:BmhYs6tB.net (2/2回)

2016/04/22
【科学】恐竜が絶滅したのは「隕石の衝突」のせいじゃない 衝突の2,400万年前からすでに減少し始めていた 英国の研究者ら
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1461295853/

  • 79:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/26(火)
  • 07:23:22
  • ID:1SIMTa32.net (1/1回)

人間のここ数百年の活動なんて地層1cmにもあたらないし、人類絶滅しても何もなかったことになるんだろうな。

でも、なぜかある時を境に出現する化石ががらっと変わるもんだから、後の知的生命体は何かがあったことには気づくかもしれん。

でも、まさか単一の生物が地球上の多くの生物を絶滅させたとは考えが及ばず、小惑星衝突とかが関の山。

で、その知的生命体もまた人類と同じ末路になり、永遠にループ

  • 80:
  • 名無しのひみつ
  • 2016/04/27(水)
  • 20:20:35
  • ID:z0J4vo+wO (1/1回)

ありがとうございます。
進化論を利用する黒幕を知っていますか?
あなたの知らない極秘情報があります。

進化論の嘘
http://blog.livedoor.jp/hideki4612/archives/1018484878.html

国際問題の真相
http://blog.livedoor.jp/hideki4612/archives/1046731381.html

  • 81:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/29(金)
  • 04:46:43
  • ID:nmTJOyFQ.net (1/1回)

三葉虫が一匹残らず絶滅したのが信じられない。
海ならどこにでもいる奴らだったんだろ?
まだひっそり生きてたりしないの?

  • 82:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/29(金)
  • 22:14:31
  • ID:o+X34xLE.net (1/1回)

>>79
海・陸・空と順次活動範囲を広げ、いまや宇宙空間まで出かけられる種がいる地球生物群。

宇宙で安全に世代交代できる段階に達したら、惑星表面の環境劣化でも生き抜けるしぶとさを持ったことになる。
あと、もう少しだ。

  • 83:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/29(金)
  • 22:44:34
  • ID:3xGvvADJ.net (1/1回)

>>42
高校でちゃんと物理勉強した?
重力と引力の違いわかる?
引力と地球の質量の関係は?

  • 84:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/30(土)
  • 10:00:11
  • ID:RLrNJ/uX.net (1/1回)

うわ〜きょうりゅうだあ〜〜〜

  • 85:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/30(土)
  • 21:27:05
  • ID:tV0xI6i9.net (1/1回)

>>81
アノマロカリス類がデボン紀まで生きてた訳だから、もしかしたら……

  • 86:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/04/30(土)
  • 22:05:06
  • ID:l0IepWsa.net (1/1回)

>>85
三葉虫はプロエトゥス目がペルム紀末まで生き延びてる
三葉虫綱は一気に滅びたわけではなく徐々に滅亡した

  • 87:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/05/01(日)
  • 00:01:19
  • ID:57jkMrmg.net (1/1回)

>>86
P-T境界超えて、細々と……なんてのはなさそうなんかねぇ?

  • 88:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/05/02(月)
  • 22:10:58
  • ID:VivKw/kz.net (1/1回)

カブトガニやカブトエビが三葉虫の子孫だ、とかいう説もあったようだが、否定されたようだな。
くそっ…夢が…ロマンが…

  • 89:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/05/12(木)
  • 15:08:55
  • ID:DL0xGt7u.net (1/1回)

人類だって将来♂は染色体のせいで
絶滅すると言われいるのに
♀だけの♂の要らない世界になるんだよ。

  • 90:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/05/16(月)
  • 22:25:17
  • ID:2tCS/rxw.net (1/1回)

種の分化速度が絶滅を上回ってる時が黒字状態で絶滅が上回ってる時が赤字状態みたいな感じですか

  • 91:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/06(月)
  • 07:22:11
  • ID:nZEC7hGY.net (1/1回)

食物連鎖のシミュレーションしてみても毎回100万年過ぎたあたりで絶滅する俺からしたら奇跡

  • 92:
  • 過去ログ ★
  • [過去ログ]
  • 09:00:00
  • (1/1回)

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています