• 1:
  • もろ禿HINE! ★@\(^o^)/
  • 2016/06/08(水)
  • 21:06:27
  • ID:CAP_USER.net (1/1回)

哺乳類、恐竜絶滅のはるか昔から繁栄 通説覆す論文 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3089786


【6月8日 AFP】哺乳類が繁栄するようになったのは6600万年前に地球への小惑星衝突で恐竜が絶滅した後だとする通説は誤っていると主張する論文が8日、発表された。

 この論文によると、われわれの祖先の温血動物は、大型肉食恐竜ティラノサウルス(Tyrannosaurus)や他の肉食恐竜がわが物顔で地球を闊歩していた数百万年の間も繁栄し、拡散していた。さらに、小惑星が地球に衝突して半球に大嵐が巻き起こり、長期にわたる骨まで凍りつく地球の温度低下で、哺乳類は大きな打撃を受けていた。

 論文の共著者で、米シカゴ大学(University of Chicago)進化生物学博士課程学生のエリス・ニューアム(Elis Newham)氏によると「従来の見解では、哺乳類は『恐竜時代』に抑制されていた」と言う。

 新しい結論のカギは歯だった。

 K-Pg境界(白亜紀と古第三紀の境)よりも前の2000万年の間に存在した哺乳動物の臼歯数百個の分析で、極めて多様な形があることがはっきりと確認された。これは種の多様性とともに、食餌の多様性も示している。

 一方、小惑星の衝突後に哺乳動物の数が激減したことを発見した科学者らは、通説と一致しないとして驚いている。

 ここでもカギを握るのは歯だった。特化した食餌のみを摂取していたことを示す大臼歯を持つ哺乳動物は、何でも食べられる歯を持つ哺乳動物に比べて、天災を生き延びる可能性が低い。

 英学術専門誌「英国王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)」に発表された研究結果の主著者、デビッド・グロスニクル(David Grossnickle)氏は、今日に通じる教訓があるかもしれないと述べた。

 世界は現在、気候変動を要因とする、地球史上6回目の大量絶滅を迎えつつあると科学者らは考えている。グロスニクル氏は「6600万年前に生き延びた種は、色々な種類の餌を食べる生物(ジェネラリスト)だったが、今後数百年、数千年後にどんな種が生き延びるかを知る指標となるかもしれない」(c)AFP/Marlowe HOOD

  • 2:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/08(水)
  • 21:07:40
  • ID:mPGVBTp/.net (1/1回)

日本のスーパーで売られているチリ産の鮭を地元の人が食べない理由
https://t.co/CEN8zZ6FpK

男子高生、女の子誘えなくてプロムに猫を連れて行く→人気爆発(画像)
https://t.co/MlKYq0LwHg

128·..

  • 3:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/08(水)
  • 21:16:54
  • ID:1F0c2Yzl.net (1/1回)

中生代末期、恐竜よりも哺乳類の方が種数が多いという当たり前のことを変な理屈をこねて語った記事です

  • 4:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/08(水)
  • 21:27:04
  • ID:/t7rFxxw.net (1/1回)

なにをもって"繁栄"とするのか
種の多様性が"繁栄"なのか?
単一/少数種で支配的地位を占めたとしたら、"繁栄"ではないのか?

哺乳類が大絶滅に影響されなかったというのも聞いたことはないんだけど
哺乳類もダメージを受けたが、"恐竜"が全滅したために空白となった地位も占めやすくなっただけで

  • 5:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/08(水)
  • 21:30:51
  • ID:yn0A9TwP.net (1/1回)

現在一番繁栄しているのは節足動物だろうな

  • 6:
  • _@\(^o^)/
  • 2016/06/08(水)
  • 21:33:22
  • ID:5oyZL1sD.net (1/1回)

>>4
ちゃんと記事を読め。そんなことは書いていない

  • 7:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/08(水)
  • 21:35:51
  • ID:vhruPV4L.net (1/1回)

>>6
お前も大概頭悪いけどなw

  • 8:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/08(水)
  • 21:36:31
  • ID:lQE6yLnN.net (1/1回)

唯一の哺乳類は百済で生き永らえたニダ

  • 9:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/08(水)
  • 21:38:11
  • ID:i4KLOiJc.net (1/1回)

哺乳類型爬虫類が肋骨を減らして肺を大きくして生存競争に立ち向かったとかなんとか

  • 10:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/08(水)
  • 21:44:09
  • ID:CC23+BCi.net (1/1回)

「繁栄」の意味が分からん


現在、地球上で最も「繁栄」してる生物は、シロアリ
総重量で考えると、異論はあり得ない

  • 11:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/08(水)
  • 21:45:07
  • ID:kfHt3z32.net (1/1回)

>>10
土壌中のセンチュウじゃなかった?

  • 12:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/08(水)
  • 21:46:08
  • ID:ffDHULIJ.net (1/1回)

>>5 単細胞生物も多いよ。

  • 13:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/08(水)
  • 21:56:00
  • ID:D0mhSU4o.net (1/1回)

定説?
双弓類と単弓類に分かれてからなんどか繁栄してる側がいれかわってるのが定説じゃなかったか?

  • 14:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/08(水)
  • 21:58:06
  • ID:VZs8aVIJ.net (1/1回)

哺乳類は古朝鮮から繁栄したニダ!

  • 15:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/08(水)
  • 22:13:01
  • ID:gXIr46+Q.net (1/1回)

小惑星衝突前から恐竜の種類が減っていった事から、恐竜達が衰退又は低調な時代に入ったところで
小惑星衝突がトドメを刺した。と考えられるようになってきてる

  • 16:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/08(水)
  • 22:21:28
  • ID:W2R7FYVt.net (1/1回)

>>3
それまじ?
現代ですら鳥類は哺乳類の2倍の種数なんだけど、
昔のほうが哺乳類の種数多かったのか?

  • 17:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/08(水)
  • 22:44:54
  • ID:zo5CmQzZ.net (1/1回)

種類が多いって言ってもネズミサイズの雑魚ばっかじゃん。
猫以上のサイズになったら速攻狩られるわ。

  • 18:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/08(水)
  • 22:45:31
  • ID:izQgSnN1.net (1/1回)

一般に小型種ほど総数は勿論、種類も多い。
端的な礼を言えば昆虫がそうだ。
当時哺乳類は小型種ばかりだから当然、鳥類だって比較的にそうだろ。

  • 19:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/08(水)
  • 22:58:35
  • ID:IVtRtcek.net (1/1回)

>>17今やってる生命大躍進展を見ると中生代の哺乳類が雑魚扱いだったのがよく分かる
古生代の哺乳類は体が重くていかにも鈍そうだったし

新生代になって恐竜がいなくなってから急速に適応放散したらしい
急に増えたから生態が不安定で絶滅しやすい
現に最近の哺乳類は急速に絶滅する傾向にあるんだって
人類もたくさん種類がいたのが現人以外はみんな絶滅

ネアン人も展示されてた最近の復元図ではアジア人っぽい顔つきだった
欧州人と類縁があると考えたヨーロッパでの復元は白人ぽい顔つきで
知能や力に優れていたという扱い。

要するに欧州人には自分たちにつながるものは何でも優れていた勝ち組だったと結論を出したがる傾向がある。

ところが展示による結論を見る限りでは、進化の歴史はむしろいじめられて不毛の地に逃れたのが一発当てて大成功 or 大絶滅で他のが死んで棚ボタ的に繁栄って感じで
むしろ弱者の歴史だったというのが実態に近いと思われる。

  • 20:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/08(水)
  • 23:07:43
  • ID:NhyvlpVd.net (1/1回)

どうせ乳なんて字が入ってても興奮できるようなシロモノじゃないんだろ

  • 21:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/08(水)
  • 23:20:32
  • ID:4pCFdEOm.net (1/1回)

そもそもたった数万年で猿から人間が完成するのか

  • 22:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/08(水)
  • 23:20:50
  • ID:P9BqL75o.net (1/1回)

哺乳類なので、オッパイに執着するのは自然の成り行き。
自然に逆らってはいけない。オッパイよこせ。

  • 23:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/08(水)
  • 23:29:40
  • ID:hewzpwPv.net (1/1回)

いつ恐竜が絶滅したんだよ。
トカゲや鳥になって生きてるだろ。

  • 24:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/08(水)
  • 23:38:25
  • ID:lnKCQ2AL.net (1/1回)

>>23
トカゲは恐竜じゃないだろ。

  • 25:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 00:01:08
  • ID:JJo2lebp.net (1/1回)

恐竜の仲間で唯一生き延びたのが鳥なのは、群の移動速度が桁違いだからかもね。
気候変動が起きても適した地域に逃げられた。

  • 26:
  • _@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 00:10:37
  • ID:fGYYGT/g.net (1/3回)

>>21
400万年くらいかけてるじゃん

  • 27:
  • _@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 00:11:44
  • ID:fGYYGT/g.net (2/3回)

>>23
大型種が絶滅した。恐竜は絶滅してない。進化しただけだな

  • 28:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 00:14:02
  • ID:Ww1/MyyQ.net (1/2回)

>>16
そうだよ
今、哺乳類の殆どは有胎盤類だが、殆どの有胎盤類の種と対応する有袋類が居た

  • 29:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 00:16:59
  • ID:Ww1/MyyQ.net (2/2回)

>>21
桁が2つぐらい足りないかと

  • 30:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 00:17:49
  • ID:IRlvJPgU.net (1/1回)

前から言われてることじゃね

白亜紀後期にパンゲア大陸がアフリカ大陸、ローラシア大陸(北アメリカ+ユーラシア)
南アメリカの3つに分離した時点から哺乳類の多様化は始まってるし

  • 31:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 00:40:00
  • ID:uu1+8G1g.net (1/3回)

>>25
ただ、ミクロラプトルみたいに十分な飛翔能力を持っていた恐竜も滅びて、現在の鳥類に繋がるものだけが生き残った理由がよく分からないんだよね。

エサの種類が違ったからとかが理由なのかな?

  • 32:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 00:40:40
  • ID:uu1+8G1g.net (2/3回)

>>27
小型種もたくさん滅んでるぞ。

  • 33:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 00:52:56
  • ID:WB5WHDx2.net (1/1回)

天にまします 我らの父よ 願わくばみなを
あがめさせたまえ みくにをきたらせたまえ
みこころの天になるごとく地にもなさせたまえ
我らの日用の糧を今日もあたえたまえ 我らを
試みにあわせず悪より救い出したまえ 我らに
罪を犯すものを我らが許すごとく我らの罪を
も許し給え 国と力と栄えとは限りなく汝のもの
なればなり アーメン

どうかどうか 神様 創価学会より
チビを御守り下さい
エクセルシオールカフェ赤羽東口店に
天罰あらぬ事を
(全バージョン転載可) キリスト教が嫌いな
他の宗教の方 他のバージョン使って下さい
創価学会の行っている非人道行為が
なくなりますように悔い改めよ創価学会
海外の政府の方 日本の闇を暴くのだ
日本では俗称 集団ストーカーなるものが
行われている
ドトールコーヒーは創価学会だ
倫理もなし タックスヘイブン 創価学会
不幸が起こって創価を信じると収まる 野蛮人のやるような行為 だれか英訳して海外掲示板に貼ってくれ
創価学会脱会方法 http://park5.wakwak.com/~soka/dakkai.htm
人間やめますか 創価学会やめますか
日曜日、13日の金曜日コピペ休み 1日2時間位とする
連投キーっhbhっっb

  • 34:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 01:00:11
  • ID:rbN9gFgC.net (1/1回)

ブロントザウルスが鳥とは思えんな〜

  • 35:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 01:06:39
  • ID:BgNltIeG.net (1/1回)

やっぱ鳥って恐竜だよね、、、
スズメやメジロはキュートだけど

  • 36:
  • _@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 01:22:31
  • ID:fGYYGT/g.net (3/3回)

>>32
生き残ってるから絶滅じゃないってことさ

  • 37:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 01:28:09
  • ID:uu1+8G1g.net (3/3回)

>>36
そういう意味ね。了解です。

  • 38:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 02:12:38
  • ID:3aCCrkca.net (1/1回)

鳥類といっても、生き残ったのは真鳥類だけで、爪や歯がある始祖鳥系は
恐竜と一緒に滅びたしな。やはり飛行能力がカギか?

  • 39:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 02:59:21
  • ID:O6r28+cU.net (1/1回)

>>19
ファンタジー好きとしては、人類が複数生き残って居た方が面白かったけどなぁ
と言うか、ファンタジーで有名な種族の中にはモデルとなった実在した人類種族が居そうだって気がしているだけどね

  • 40:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 06:31:40
  • ID:nvhlpYeq.net (1/1回)

>>27
問題はそこじゃねえだろ
トカゲと恐竜は近縁じゃねえってとこだろ
そこを指摘しろよ
頭悪すぎるぞお前

  • 41:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 06:51:26
  • ID:D/COkYJt.net (1/1回)

>>39
日本の隣にヒトモドキの国があるよ。

  • 42:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 07:06:28
  • ID:PLjp5JBz.net (1/2回)

生存競争の激しい世界では子育てに20年も費やす種は滅びる

鶏見たいに三秒でセックスを済ませ

そこらじゅうに卵を産み落せば1000個のうち一個くらいは生き延びる

ゴキブリヒトモドキが最強

  • 43:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 07:14:36
  • ID:PLjp5JBz.net (2/2回)

>>41
近親相姦を繰り返していれば進歩なんてしねーよハクチ馬鹿を量産するだけ

たまに神童モドキが生まれても成人する前に狂人化する。

天皇家見て見ろ。

ま、日本には昔からハクチを崇高な存在として崇める風習も有った

預言者とハクチは紙一重と神一重

  • 44:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 07:16:15
  • ID:Yzbe+vB6.net (1/1回)

繁栄してたなら、なんで化石がもっと見つかんないの?

  • 45:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 07:30:11
  • ID:UpBVwor3.net (1/1回)

ヒトも将来、舞空術を使えるようになるのか

  • 46:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 12:16:16
  • ID:AypwS+BA.net (1/1回)

>>44
小さいから骨が残らない

  • 47:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 12:49:09
  • ID:OImWoWHd.net (1/1回)

死んだ恐竜モグモグしてたん?

  • 48:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 12:54:46
  • ID:+yzPVxKt.net (1/1回)

捕食者はどっちで、被捕食者はどっちだったか。
哺乳類が恐竜を捕食していたのか?

あと、
>小惑星の衝突後に哺乳動物の数が激減したことを発見した科学者らは、通説と一致しないとして驚いている。

ってどんな「通説」だよ
小惑星衝突後は、あらゆる生物が激減しただろ、通説ではw
鳥類だって絶滅しかかった
余り影響がなかったのは淡水系の生物だけだった、が通説だろ

  • 49:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 12:55:13
  • ID:OYr4lbO9.net (1/1回)

>>43
あのな
つい100年ほど前までは、生まれた地から10キロ以上外に出たことない人が
大半だったんだぞ
狭い村の中で代々婚姻繰り返すとかな
これは日本だけでなく世界中な
表に出てこないだけで、近親婚は実際には沢山ある
まあ、試し腹とかは隣国しかないと思うけど

  • 50:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/09(木)
  • 15:51:55
  • ID:67La/+wB.net (1/1回)

>生き延びた種は、色々な種類の餌を食べる生物
食べ物の好き嫌いの無い人が生き延びそーだな

  • 51:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/10(金)
  • 01:19:41
  • ID:YMFISgOu.net (1/2回)

もうだめぽ。。。

  • 52:
  • _@\(^o^)/
  • 2016/06/10(金)
  • 01:51:09
  • ID:s+oF1lHy.net (1/1回)

>>40
頭悪すぎるやつはレス禁止な

  • 53:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/10(金)
  • 08:52:39
  • ID:Crhsmo8M.net (1/2回)

10km 以内が大半というのは大げさに誇張しすぎ
いくらなんでも2.5里ってことはないよ
10里、20里ならかなりの人が該当したかもしれないが

  • 54:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/10(金)
  • 08:59:43
  • ID:Crhsmo8M.net (2/2回)

よそは知らないが日本で婚姻が多かったのは「遠縁」

  • 55:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/10(金)
  • 09:42:25
  • ID:+8RSDmeX.net (1/1回)

ネズミのような哺乳類が大量に繁殖して、恐竜を襲って生きながら食べてしまったり、
恐竜の卵を掘り出しては食べたりなどして、陸棲の恐竜を追い詰めた。
身体の大きな恐竜は、その巨体にたかる無数の小型哺乳類と戦う術は
なかった。水陸両棲の恐竜なら、水辺に居れば、水に入って潜ることで
捕食者の群れから身を守ることもできたろうが。。。

  • 56:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/10(金)
  • 10:38:00
  • ID:YMFISgOu.net (2/2回)

三十年前に言われてたような古くさい恐竜絶滅説乙

  • 57:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/10(金)
  • 11:06:59
  • ID:gSfA699u.net (1/1回)

ってか南極ほってみないとねー うーん分かってはいるんだけどねー
寒いからなーあそこ。うーん

  • 58:
  • _@\(^o^)/
  • 2016/06/10(金)
  • 12:10:13
  • ID:e6vPiE6n.net (1/1回)

>>56
古くさい説が復活することはよくある

  • 59:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/10(金)
  • 15:16:40
  • ID:scCpwicN.net (1/1回)

>>55
では、スピノサウルスのような水陸両棲恐竜や、恐竜ではないが首長竜や魚竜や海トカゲ竜のような水棲の大型爬虫類が生き残れなかったのはどうしてだろう?

  • 60:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/10(金)
  • 18:25:14
  • ID:3Ot3W+8v.net (1/2回)

>>55
その理屈はファイアーアントと人類で考えてみればいい
人が生きながらアリに食われる事件はあるし、世界的に被害地域は広がって問題になっている
でも、その被害者は人間に殺される数よりはるかに少ない
センセーショナルではあるが、人口動態を変えるほどの脅威ではない

  • 61:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/10(金)
  • 22:57:02
  • ID:OGU7ftW9.net (1/3回)

「花に追われた恐竜」って、NHKも被子植物説推してたんだよね
世間じゃ巨大隕石だのチクシュルーブ・クレーターだのK/T境界だの衝突の冬だの言ってたのに

  • 62:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/10(金)
  • 23:09:50
  • ID:kiLaesfS.net (1/1回)

いや巨大隕石の話はNHKでも大分昔から取り上げていたから。
明確な時期ははっきりわからないが少なくとも80年代の時点ではね。
正直言えば、どこまで重視するかはさておくにしてもある程度影響を与えた、ってのは
80年代末辺りには、学会であろうが素人であろうがすでに確定的になっていたとは思う。

当然、花に追われたの時点でも知っていたはずだが、真偽はともかく
あれは直接の絶滅原因と言うよりもそれによって衰退し始めていた、と言いたかったんだろうと思う

  • 63:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/10(金)
  • 23:14:29
  • ID:3Ot3W+8v.net (2/2回)

衝突の冬とは言っても、どのくらい寒かったのかな?
今より地球の平均気温が10〜15℃高い時代に、隕石で地球の気温が8℃も下がった言われるが
それでも今より2〜7℃高いことになるのだが

  • 64:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/10(金)
  • 23:16:03
  • ID:OGU7ftW9.net (2/3回)

>>62
だから不思議だったのよ
今花粉説? って

  • 65:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/10(金)
  • 23:36:25
  • ID:PzrJx6sJ.net (1/1回)

>>17
恐竜は鳥と同じで夜目が見えず昼間しか活動できなかったんだろう
対して哺乳類は光る目、鋭い嗅覚など夜に活動しやすいセンサーを備えて日没後活動してたとおもわれる

  • 66:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/10(金)
  • 23:46:28
  • ID:OGU7ftW9.net (3/3回)

>>65
映画版ジュラシックパークのカエル目かw
鳥類で夜間視力ないのはキジ科の一部くらい

  • 67:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/11(土)
  • 00:04:47
  • ID:WkQLYKDj.net (1/1回)

低酸素に適応したんだろ

  • 68:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/11(土)
  • 01:28:22
  • ID:Cs/dU0D1.net (1/2回)

>>58
何の答えにもなってないな

  • 69:
  • _@\(^o^)/
  • 2016/06/11(土)
  • 03:28:41
  • ID:PItyHMqO.net (1/1回)

>>68
答えを書いたのではなく事実を書いたのだから当たり前
レスは答えを書くだけのためにあるのではない

  • 70:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/11(土)
  • 04:06:04
  • ID:Cs/dU0D1.net (2/2回)

頭おかしい馬鹿がまた来たw

  • 71:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/11(土)
  • 10:43:26
  • ID:1AVrWsBz.net (1/1回)

>>66
つかたとえ鳥目でもあんだけ嗅覚野が発達してる生き物の前で達磨さんが転んだが通用するという
ストーリーは無理すぎだよな。
スカベンジャー説の張本人が監修してるのによくやったもんだ。

  • 72:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/11(土)
  • 11:36:37
  • ID:0zqnDnhm.net (1/1回)

>>71
風下やったんやろw

  • 73:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/11(土)
  • 21:22:00
  • ID:WVPqHo63.net (1/2回)

>>16
>現代ですら鳥類は哺乳類の2倍の種数
そりゃ鳥類は大繁栄しているからな
なんと言っても空が飛べる
もしも、万が一、白亜紀末に全鳥類が絶滅していたならば、今頃コウモリが一万種ぐらいに適応放散していたかもしれないな

このスレと関係ない現代鳥類は置いといて、白亜紀の恐竜は種数をどんどん減らしていたんだよ
巨大隕石が衝突するまでもなくな

  • 74:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/11(土)
  • 21:27:58
  • ID:WVPqHo63.net (2/2回)

>>44
多種多様な哺乳類の歯の化石がめちゃくちゃ数多く見つかっている
カンブリア初期のSSFのように
SSFが後に急速に爆発的に適応放散したように、新生代の哺乳類は急速に爆発的に適応放散した

  • 75:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/11(土)
  • 22:03:26
  • ID:f2wsgS17.net (1/1回)

お前らだけに教えてやろう
恐竜を滅ぼしたのは隕石じゃない
哺乳類なのだ
何十年か先、わかる日が来るだろう

  • 76:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/11(土)
  • 22:35:20
  • ID:RP6UVQiU.net (1/1回)

最近て既にそっちの説の方が有効じゃなかったのか
最近の恐竜時代の再現映像て必ず哺乳類出てくるし
いつの間にそんな説が有効になったのかと思ってたが今頃やっと論文出たレベルだったのか

  • 77:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 01:09:33
  • ID:8OOO83ow.net (1/1回)

いや昔からそういうのはあるから

  • 78:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 02:18:40
  • ID:loZ2pKF1.net (1/1回)

種類が多いのが繁栄の条件だと人類はどうなるのかな。

  • 79:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 02:20:45
  • ID:fvWAuhGN.net (1/2回)

最近の主流は溶岩流出による超温暖化に隕石落下がとどめを刺した合わせ技一本説だ
どちらも最近の研究で証拠が積み上がってきている

ほ乳類説原因なんて証拠はここ最近ほどんど出ていない妄想のレベル

  • 80:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 02:31:33
  • ID:KCLfUq+k.net (1/1回)

10年間のナショジオだけど
地球に住む動物総重量の4分の1がアリ科で、人類も同じぐらいとかあったな
個体数だとアリは1京匹いるらしいし

  • 81:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 08:19:24
  • ID:nR1Z0Unb.net (1/8回)

恐竜はね、白亜紀の絶滅以前から何回かの大量絶滅を生き残ってきているんだよね
何故白亜紀で絶滅してしまったのか理由が必要なんだよね
海に住んでいた恐竜が白亜紀以降の化石で出てきてたりするのは
陸を支配した哺乳類が海に進出するのにタイムラグがあったと見るべきなんじゃないかな

  • 82:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 10:01:51
  • ID:fvWAuhGN.net (2/2回)

また妄想基地外が来た

  • 83:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 12:36:42
  • ID:nR1Z0Unb.net (2/8回)

おや?ここにはおかしな人が張り付いているようだなw

  • 84:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 16:02:14
  • ID:4pGruiFK.net (1/8回)

>>79
素人考えでは体毛の生えている哺乳類のほうが気温上昇には弱そうに思うんだが違うのか。

  • 85:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 16:04:33
  • ID:4pGruiFK.net (2/8回)

>>81
海に住んでいた恐竜って?

魚竜や首長竜は恐竜じゃないよ。

  • 86:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 16:15:41
  • ID:nR1Z0Unb.net (3/8回)

>>85
アラモサウルス

  • 87:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 16:18:15
  • ID:nR1Z0Unb.net (4/8回)

>>84
北極や南極に爬虫類が大量に住んでいるとでも?

  • 88:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 16:23:03
  • ID:OgXE4oPe.net (1/1回)

>>86
思いっきり陸生だろ。

  • 89:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 16:23:42
  • ID:nR1Z0Unb.net (5/8回)

>>85
ごめん。陸だった

  • 90:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 16:30:23
  • ID:nR1Z0Unb.net (6/8回)

卵を狙えば恐竜は滅びる

白亜紀に哺乳類は胎生を獲得している理由がそこにある

  • 91:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 16:33:56
  • ID:4pGruiFK.net (3/8回)

>>87
いや、だから爬虫類は寒いところが苦手で暑いところのほうが好きなんじゃないのかと言ってるんだけど。

  • 92:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 16:38:37
  • ID:4pGruiFK.net (4/8回)

>>89
了解です。

  • 93:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 16:52:41
  • ID:YjRn+i2C.net (1/2回)

>>1
>一方、小惑星の衝突後に哺乳動物の数が激減したことを発見した科学者らは、通説と一致しないとして驚いている

どういう通説だよw
小惑星の衝突時は、ほぼあらゆる脊椎動物が激減しただろ
哺乳類も鳥類も危うく絶滅しかかり、命からがら生き延びた、が通説だろ
しいて言えば、淡水性の生物には比較的影響がなかった、くらいだろ

  • 94:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 17:00:16
  • ID:YjRn+i2C.net (2/2回)

>>1
>新しい結論のカギは歯だった。
>K-Pg境界(白亜紀と古第三紀の境)よりも前の2000万年の間に存在した哺乳動物の臼歯数百個の分析で、極めて多様な形があることがはっきりと確認された。これは種の多様性とともに、食餌の多様性も示している。

じゃあ、恐竜絶滅前、哺乳類が頂点捕食者の地位にあり、恐竜や他の動物を捕食していたのかよ?
ライオンやトラ、シャチに類するような肉食哺乳類が存在したのかよ

事実は、恐竜絶滅前は、哺乳類で存在したのはネズミみたいな小動物で、夜行性でコソコソ生活していたんだろ
ネズミとライオンの違いなら、歯を見なくたって一目で分かるw

  • 95:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 17:01:22
  • ID:9zGXdEkX.net (1/1回)

南米のジャングルあたりだと恐竜は最近まで生きてた説のほうが濃厚だろ。
全然いなくなったのは人間に食べられたからだと思う。

  • 96:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 17:18:14
  • ID:nR1Z0Unb.net (7/8回)

>>94
哺乳類は爬虫類にくらべて体重あたりに必要なカロリーが何倍も大きい
そう言う小型の生き物があちこちに増え始めたらどうなるか
当然大型の恐竜の食べるものは減っていく
太陽からのエネルギーは変わらない
植物が蓄えたそれを浪費してしまえば生物密度は下がるのだ
そして恐竜は滅びることになる

  • 97:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 17:29:50
  • ID:LsPjJaNq.net (1/4回)

クロマニヨン人の時代にも実は恐竜はいてその記憶が
後の人類の脳にインプットされ世界各地の竜伝説を生んだ?
なんてありえん?

  • 98:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 17:33:19
  • ID:LsPjJaNq.net (2/4回)

陸の恐竜全滅から海の恐竜絶滅までの差は何万年くらいなんだろう?

  • 99:
  • 国境なき神政府@在日特権防止協会@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 17:35:28
  • ID:K+ALhsYx.net (1/1回)

ぶっちゃけ恐竜も哺乳類な。知らんけど。

  • 100:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 17:36:23
  • ID:4pGruiFK.net (5/8回)

>>94
小型恐竜を捕食していた哺乳類はいたようだよ。

http://dinosaur-fan.net/naruhodo/news/18/

  • 101:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 17:37:18
  • ID:LsPjJaNq.net (3/4回)

恐竜と爬虫類の違いは?
あの時代の爬虫類は全て恐竜扱い?

  • 102:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 17:40:06
  • ID:4pGruiFK.net (6/8回)

>>101
脚が真下に真っ直ぐ伸びていないものは恐竜ではない。
だから翼竜も首長竜も恐竜ではない。

  • 103:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 17:41:56
  • ID:4pGruiFK.net (7/8回)

>>101
あと脚が真下に伸びていても、股関節の形状が違うワニの祖先らのグループも恐竜ではない。

  • 104:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 17:46:43
  • ID:LsPjJaNq.net (4/4回)

>>102
プレシオサウルスが恐竜に分類されない??

  • 105:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 18:00:35
  • ID:nR1Z0Unb.net (8/8回)

先行して進化適応した恐竜を追い抜く時を哺乳類は待っていた
短いサイクルで生死を繰り返すことでそれは実現される
夜行性に甘んじ、視覚が退化して白黒しか見えなくなったとしても。
胎生を獲得、被子植物を活用し森林を作り、そこに生活し
大型の恐竜の生活圏を狭めた
脳を発達させ、ついにその座を奪い取る時が来る

  • 106:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 18:02:14
  • ID:4pGruiFK.net (8/8回)

>>104
そうだよ。プレシオサウルスもエラスモサウルスもフタバスズキリュウも恐竜ではない。
あくまでも恐竜と同時代の海の爬虫類だ。

同様に、イクチオサウルスもモササウルスもプテラノドンも恐竜ではない。

  • 107:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 19:14:43
  • ID:SIv2HpgP.net (1/2回)

>>19
(´・ω・`)なるほどー
考え方としてはおもしろい視点だよね

実際のところそのときどきの有利な環境に適応して繁栄したとしても、氷河期とか環境変動でその前提条件が変わると、繁栄はおわる

これって企業とか、もっと広く人の営みもそんなモノなのかも
多様な収益源を持った企業の方が生き残りやすい
過度に収益率を追い求めた企業は失速すると弱い
日本語しかつかえない日本人っていうのは、生存能力を観るとあんまりないね

  • 108:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 19:19:21
  • ID:SIv2HpgP.net (2/2回)

>>105
(´・ω・`)そうなんやー
恐竜から逃げ延びられる環境として森林をえらんだんやー
勉強になるー

  • 109:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/12(日)
  • 20:09:24
  • ID:nLg8y//g.net (1/1回)

まて、流石に心配になってきたぞ
人間がネズミみたいなのから変形したとか
恐竜とかいうバカデカいトカゲがいたとか
宇宙とかいう空間に地球がプカプカ浮いてるとか
その空間の果ての先は解りませんとか

いつの間にやら、何の疑問も持たず信じてる奴が増えてきてる気がするぞ
大丈夫か?お前ら目を覚ませ!!どうしちまったんだいったい???

  • 110:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/13(月)
  • 01:20:47
  • ID:/CcIQGgc.net (1/3回)

kろえ前から言われとったやろ
恐竜が繁栄する前は哺乳類にとって済みやすい気候やったんやし
恐竜が勝利者にしては貧弱な歯しとるて

  • 111:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/13(月)
  • 02:35:30
  • ID:oyzKfN8Z.net (1/1回)

ID:nR1Z0Unb
また何の根拠もない脳内妄想垂れ流してる馬鹿が来たのか

  • 112:
  • _@\(^o^)/
  • 2016/06/13(月)
  • 14:11:55
  • ID:SI1aASWR.net (1/1回)

>>97
有り得る。というか、かなり最近まで、一部の地域で恐竜は生き残りがいたとみてる

  • 113:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/13(月)
  • 17:52:36
  • ID:tBl6oH9l.net (1/2回)

>>103
恐竜ではないがかなり近い部類というな
まず爬虫類なんて脊椎動物の中のその他みたいなもんだからな

  • 114:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/13(月)
  • 19:08:23
  • ID:/CcIQGgc.net (2/3回)

>>112
ドラゴンも龍もペルシャの風の馬伝説から来てるよ
古代では竜は雨を呼ぶ蛇神で龍とは別物だったけど今は区別されてないよ

  • 115:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/13(月)
  • 19:17:01
  • ID:/CcIQGgc.net (3/3回)

>>113
恐竜は爬虫類じゃなくてオウムでかくしたような生き物らしいぞ

  • 116:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/13(月)
  • 19:25:12
  • ID:tBl6oH9l.net (2/2回)

>>115
だから鳥の先祖が入ってた一群だろ?
でも鳥じゃないから爬虫類
爬虫類って区分けは広範過ぎる

  • 117:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/13(月)
  • 19:43:29
  • ID:7CQhbTu3.net (1/1回)

何故人類は、育った文化に関係なく子供の頃に1度は恐竜に襲われる夢を見るのだろう?
恐竜の存在を知らないローマ時代の文献にすでにあるらしいし、古代中国にも…

  • 118:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/13(月)
  • 20:48:19
  • ID:3gAQcvIv.net (1/1回)

>>117
どうしてそれが"恐竜"と?

  • 119:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/13(月)
  • 22:05:27
  • ID:771cOVqF.net (1/1回)

地球誕生から人類誕生まで46億年もかかってる
宇宙年齢130億年
これじゃあ宇宙人の存在は絶望だ・・・

  • 120:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/13(月)
  • 23:33:48
  • ID:vBKnzMLB.net (1/1回)

>>113
うん。ワニやワニの祖先を含むクルロタルシ類は恐竜にかなり近い仲間。
クルロタルシ類と恐竜(鳥類)と翼竜とその他少しをまとめて主竜類という1つのグループになるよ。

  • 121:
  • _@\(^o^)/
  • 2016/06/14(火)
  • 06:28:20
  • ID:ho9AOMa2.net (1/2回)

>>119
宇宙年齢は130億年ではないよ。あくまで人類が認識可能は範囲が130億年ってだけ
正確な宇宙年齢なんて分かってない

  • 122:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/14(火)
  • 08:15:13
  • ID:+I340UOG.net (1/1回)

>>121
なんで130億年?
普通は138億年とされる
地球から132億光年の銀河さえ観測されてるのに

  • 123:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/14(火)
  • 09:53:33
  • ID:xhGlcN0Q.net (1/2回)

だったら現在も人間よりも昆虫の方が数も種類も全重量も多いから昆虫の方が繁栄してるって事だよな

  • 124:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/14(火)
  • 11:38:55
  • ID:xhGlcN0Q.net (2/2回)

>>112
隕石衝突による核の冬でも赤道直下は空が曇った程度でそれ程寒くならず、地面が安定してるアフリカ等であれば最近まで恐竜が生きてたとしてもおかしくないんだよな
実際どこかで化石になってない恐竜のミイラとか恐竜の骨が発掘されたのだから、数が激減しても一部地域では細々と生きていたと思われる
シーラカンスだって生き残っていたんだから、隕石衝突生き延びた恐竜がいてもおかしくない

  • 125:
  • _@\(^o^)/
  • 2016/06/14(火)
  • 11:43:33
  • ID:ho9AOMa2.net (2/2回)

>>122
レスする相手を間違えてるよ

  • 126:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/14(火)
  • 13:45:01
  • ID:rkvl4WK+.net (1/1回)

>>124
恐竜のミイラは、出てきた地層の年代を調べているんじゃない?
中世代より新しい地層からの出土なら大発見だから、普通は地層の古さを調べると思うんだけどなあ。

  • 127:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/14(火)
  • 14:20:59
  • ID:732spg9v.net (1/1回)

意味分らん。
恐竜と同時に繁栄した時期かあるならどうやってTレックスの攻撃を防いだんだよ。歯ではなく普通の骨の化石はなぜ見つからない。
疑問だらけの説だ。さも正しいかのように語って大量絶滅を語るな。

  • 128:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/14(火)
  • 14:58:35
  • ID:ZlSQjHDw.net (1/1回)

>>119 われわれの宇宙とは限らんよ

  • 129:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/14(火)
  • 21:36:22
  • ID:TEQ50M+R.net (1/1回)

>>127
繁栄=巨大化、じゃないってことじゃね
繁栄=種の多様化、て考えもあるわけで

哺乳類は小型だけど多くの種が存在した
んじゃねの

  • 130:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/15(水)
  • 21:00:56
  • ID:1+x+2xJ4.net (1/1回)

恐竜の足元で哺乳類の多様性が拡大を続けたのは、白亜紀哺乳類の生息環境が多様化した表れだろう
具体的に言えば、被子植物と昆虫の多様化、勢力拡大

大陸が分割し、四季が明瞭になっていく中で、それによく適応した被子植物と昆虫が裸子植物を追いやっていった
その流れに乗ったのが、白亜紀哺乳類ではないかと

  • 131:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/15(水)
  • 21:26:26
  • ID:YhQTziET.net (1/1回)

昆虫は前からいただろ

木の実は昆虫は運べないだろ

  • 132:
  • _@\(^o^)/
  • 2016/06/15(水)
  • 22:13:32
  • ID:iFG++Mss.net (1/1回)

>>127
じゃ、おまえはどうやって虎の攻撃を防いでいるんだ?
分散して色んな土地に住んでいたんだから、必ずしも防ぐ必要はなかっただけだろ

  • 133:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/16(木)
  • 04:30:51
  • ID:+OXLc0fh.net (1/1回)

植物のトランスポーターはそれまで自然と昆虫だったのだろう
しかし、被子植物は受粉は昆虫などに任せているが、
その種の拡散は明らかに別の生き物に託しているのだ
被子植物の繁栄はまさにその生き物の繁栄とリンクしている
その生物こそ、樹上を制圧した鳥類と哺乳類なのだろう

  • 134:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/18(土)
  • 15:33:50
  • ID:JxBQsFC4.net (1/4回)

>>106
> そうだよ。プレシオサウルスもエラスモサウルスもフタバスズキリュウも恐竜ではない。
ま、一般人的には恐竜でも仕方ないけどな。
個人的に思うのは、恐竜がそういう使い方になってしまったのは、一般の恐竜に
該当する言葉が無かったせいだとは思う。個人的には便宜上、それに
該当する言葉があったらいいな、とは自分も思う事あるし

  • 135:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/18(土)
  • 15:49:27
  • ID:SyV7kHOe.net (1/4回)

>>134
そもそもプレシオサウルス類と恐竜を爬虫類とかさらに細かく双弓類(いずれも現生種を含む)って以外の理由で一くくりに出来る
理由もないからそれに該当する言葉も出来るわけないけどな。

一般人なんてプレシオサウルス類ならまだしもアンモナイトもマンモスも恐竜じゃないという説明が必要なレベルだぞ。
そのくらいのものまとめて呼ぶ用語なんてそれこそ古生物か「おおむかしのいきもの」くらいしか呼びようがねーよ

  • 136:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/18(土)
  • 15:57:11
  • ID:JxBQsFC4.net (2/4回)

>>135

> 理由もないからそれに該当する言葉も出来るわけないけどな。
一応恐竜、がそうなるよ。いや、分類学的にはともかく、一般の人にはそう
元の意味はさておき、恐ろしい竜、という感じ通りの意味ならさほど間違ってはいないしね
該当が無いと言うが、例えば猛禽類とかのハヤブサなどはワシタカとは類縁は遠いが
猛禽類という意味では一緒。他にもこういう便宜上でつけてる事例はある。

  • 137:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/18(土)
  • 16:49:04
  • ID:SyV7kHOe.net (2/4回)

>>136
それはむしろ誰かが恐竜って語を誤用した後に生まれた誤解だろ、
別にほとんどの古生物は恐ろしくもなんともないし。

つまり逆に変な誤解が生じる原因になってるわけだから、なおさら極力本来の意味での恐竜以外には使わない方が良いわけだ。

  • 138:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/18(土)
  • 17:42:20
  • ID:JxBQsFC4.net (3/4回)

うーん、あまりそうは思わないな、それに便宜上使ってる例がたくさんあるのは変わらんし

  • 139:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/18(土)
  • 19:42:44
  • ID:a+qtiTd6.net (1/1回)

>>134
既に書かれているように、分類学上は近縁性が薄いとせざるを得ないからなあ。
強いて言うなら「今は絶滅した中世代の(大型)爬虫類」の総称みたいな言葉を作る?
それとも恐竜という言葉の定義を、一般人が言う「今は絶滅した中世代の爬虫類」に変更して、学術的に現在の定義の恐竜を指すときには竜盤類と鳥盤類と呼ぶことにする?
そうしたらワニ以外のクルロタルシ類は恐竜に入れるのかとかいう問題も出てくるけれど。

  • 140:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/18(土)
  • 21:02:47
  • ID:GFn9BQFS.net (1/3回)

いや、何言ってんだお前ら?

1811年にイクチオサウルスが発掘され、人々は巨大な絶滅爬虫類の存在を認識した
1821年にはプレシオサウルスが発掘された
それより前、1764年にはモササウルスが発掘されていたが、その時は正しく評価されていなかった
キュヴィエが1822年にモササウルスの化石を再発見し、これもまた過去の巨大爬虫類だという正当な評価を得た

1818年に発掘されていたある化石は、1824年にバックランドによって巨大爬虫類メガロサウルスだと認識された
1825年、発掘されていた巨大草食爬虫類の歯の化石に、マンテルがイグアノドンと名付けた
1833年には、マンテルによってヒラエオサウルスが発見された

1842年、リチャード・オーウェンはメガロサウルス、イグアノドン、ヒラエオサウルスの三種が、現存するワニやトカゲなどの爬虫類、そしてプレシオサウルスやモササウルスなどの絶滅海棲爬虫類の
いずれとも異なることを突き止め、彼らを表す新しい概念が必要だと判断
ギリシア語の deinos sauros から、dinosaurという分類単位を新たに作った

そして1894年(明治時代)、横山又次郎がdinosaurを恐龍と翻訳した

  • 141:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/18(土)
  • 21:06:16
  • ID:SyV7kHOe.net (3/4回)

>>139
関係ないものをまとめていう必要がそもそもあるのか?

  • 142:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/18(土)
  • 21:06:33
  • ID:GFn9BQFS.net (2/3回)

つまり、恐竜という概念ができる前からプレシオサウルスは発見されていた
恐竜という括りを作る時、その時代の誰もが「プレシオサウルスは違うなw」と思っていた
現在の分岐学や分子生物学では既に恐竜は明確に定義済みなのはご存知の通り

プレシオサウルスも恐竜の一種と考えても差し支えない、なんていつの時代のどこの国の人間の発想だ?
どこからどう考えても、そう考えられる要素など一つもないだろ

  • 143:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/18(土)
  • 21:28:38
  • ID:GFn9BQFS.net (3/3回)

>>139
そんなことを言いだしたら、一般人はダコサウルスをワニの一種と知らないわけで
ダコサウルスの外見はぱっと見モササウルスっぽいから「絶滅した中世代の(大型)爬虫類」判定で「恐竜」になるな
一方、ゲオサウルスやメトリオリンクスは一般人が見てもワニに見えるだろうから、「恐竜」ではなくて「ワニ」か

要するに、ただの主観ってわけだ

それってガキが「ぼくが かっこいいと思ったやつが きょうりゅうです! かっこわるいのは きょうりゅうじゃありません!」
と宣言するのとどこが違うわけ?
馬鹿馬鹿しいにも程がある

  • 144:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/18(土)
  • 21:35:33
  • ID:JxBQsFC4.net (4/4回)

>>139
それができたら良かったけど、今となっては無理でしょう。
恐竜というのは一般向けには前者の意味もある、という今の状態でやってくほかは無い
というか、事実上はそれしか無いだろうね。現実追認というか、一般の人が文字通りの
意味で使ってるのを学者側が無理に変えるのは難しいし、個人的には疑問も感じるし。

  • 145:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/18(土)
  • 22:36:14
  • ID:q5dI3UFc.net (1/1回)

>>139
一般人の見解に合わせる事に学問的な意味がない

  • 146:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/18(土)
  • 23:10:41
  • ID:eWcXAGeJ.net (1/1回)

>>143
必ずしも近縁ではない複数の系統を便宜上まとめて呼ぶ名称が付いていることはあるから、系統毎に「恐竜」に含むか含まないかを決めたら良いんじゃないかな。
ワニ目は滅びていないので、ダコサウルスは恐竜に含めないとか。

  • 147:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/18(土)
  • 23:16:27
  • ID:SyV7kHOe.net (4/4回)

>>146
誰のためにそんな意味不明な用語を作ろうとしてるの?

  • 148:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/18(土)
  • 23:36:39
  • ID:MYmK1ENg.net (1/1回)

恐竜はあくまでもダイノソーの日本語訳
なんだよな
そうするとダイノソーって言葉の定義に
従うことになる

一般的には太古の巨大爬虫類を恐竜って
言葉で表したいというニーズもあるから
ややこしくなるんだよな

専門家は単弓類、双弓類って言葉などを
使うが、もっと一般的な言葉があれば
いいと思う

  • 149:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/19(日)
  • 00:10:41
  • ID:VzvM5YyB.net (1/2回)

>>148
>一般的には太古の巨大爬虫類を恐竜って言葉で表したいというニーズもある。
ニーズはないだろバカが言い続けてるだけで。

  • 150:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/19(日)
  • 00:55:44
  • ID:Zxonnq7b.net (1/2回)

いや、普通に大恐竜展って人気な催しがあるじゃん
テレビ番組でも恐竜の特集とか絶滅とかね。
そしてそれらは必ずしも恐竜の話だけじゃない、恐竜を学術的な意味でしか
使用はまかりならん、というなら明確なニーズはあるね。

  • 151:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/19(日)
  • 05:44:34
  • ID:/QWANlwN.net (1/1回)

恐竜は滅んで、恐竜に似た爬虫類は生き残ったっていうこと?

意味がわからない

  • 152:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/19(日)
  • 10:25:42
  • ID:/pWJ95sb.net (1/1回)

>>148
専門家は双弓類って言葉使わないよ
双弓類は系統関係を反映しない擬似分類だと判明したので、双弓類という分類単位は消えた

  • 153:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/19(日)
  • 10:42:27
  • ID:VzvM5YyB.net (2/2回)

>>150
40年前とかならまだしも、今ではその恐竜展でもテレビ番組でも恐竜の同時代にいた他の生物として
植物や魚、昆虫と同じ扱いなのが君の大好きな水棲爬虫類なわけだが。

  • 154:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/19(日)
  • 10:50:35
  • ID:IAMsGfV3.net (1/1回)

昆虫や甲殻類、魚類や爬虫類や鳥類はみな似てるのに哺乳類だけちがう。
哺乳類は宇宙からやってきたとおもう。

  • 155:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/19(日)
  • 10:59:20
  • ID:LUMGTAxh.net (1/1回)

また基地外が来た

  • 156:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/19(日)
  • 11:35:06
  • ID:Zxonnq7b.net (2/2回)

>>153
> 40年前とかならまだしも、今ではその恐竜展でもテレビ番組でも恐竜の同時代にいた他の生物として
しない場合もあるよ。そもそも彼ら的にはいちいちそういう事を気にして
やらなければならない時点でニーズの話は否定できないわけで

> 植物や魚、昆虫と同じ扱いなのが君の大好きな水棲爬虫類なわけだが。
どうでもいいが、別に特に好きでも何でもないが

  • 157:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/19(日)
  • 15:31:45
  • ID:rUXduw/n.net (1/1回)

エラのある恐竜とか爬虫類は居なかったのかな?

  • 158:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/22(水)
  • 16:12:59
  • ID:/VCKm0BM.net (1/2回)

>>133
普通は食べられない方に進化するのに、敢えて食べられやすいように進化した被子植物の捨て身の戦略が面白いな

  • 159:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/22(水)
  • 16:24:53
  • ID:/VCKm0BM.net (2/2回)

花と昆虫の共進化はよく知られているが、果実の進化という形で鳥類・哺乳類と被子植物も共進化したのかもな

  • 160:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/23(木)
  • 13:36:53
  • ID:6lLcsIld.net (1/1回)

一年草や昆虫はライフサイクルが早く、大破壊後にたまたま残った狭い環境でも生き残れる
そういう草の種子や昆虫を食べ、大洋や山脈を飛び越える飛翔力を持った新鳥類を絶滅させるのは至難の業だな

よく「なぜ恐竜は滅びたのに鳥は生き残ったのか?」というもったいぶった問いを見かけるが、まず新鳥類を絶滅させることが困難
同列に並べるものではなく、恐竜が存在するか絶滅するかに関係なく新鳥類は繁栄する

  • 161:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/23(木)
  • 16:22:44
  • ID:WbIvkm/M.net (1/1回)

恐竜を滅ぼした哺乳類は、恐竜が滅んでしまうと、餌を失って自身が滅びて
しまったので、恐竜を襲って食べていた習性などが歴史からは消えている
のかもしれない。蜥蜴類を好んで食べる哺乳類は今居るかな?

  • 162:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/24(金)
  • 05:02:54
  • ID:TUnHIXud.net (1/1回)

恐竜を滅ぼすような哺乳類の化石とか出てないでしょ
なにいってんの?

  • 163:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/24(金)
  • 05:10:45
  • ID:AKfzX/1J.net (1/1回)

ピクル

  • 164:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/24(金)
  • 07:57:43
  • ID:/yIua+WE.net (1/1回)

>>62
チクシュルブクレーターは1990年に可能性、1996年に確定だから
80年代では隕石衝突説はまだSFの世界だね。
提唱者がノーベル物理学賞受賞者だったので無視されなかったけど。

  • 165:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/24(金)
  • 10:18:00
  • ID:c6EJFAUa.net (1/1回)

>>162
そいつ=>>161ここに定期的に沸いて出る基地外だから

  • 166:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/24(金)
  • 12:06:40
  • ID:oe59gXCQ.net (1/1回)

中生代に多様な哺乳類がいたことなんて前から言われてただろ

  • 167:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/25(土)
  • 03:44:59
  • ID:k0BHVtQ1.net (1/1回)

ほ乳類が恐竜を滅ぼしたとか寝言を言ってるのが馬鹿だって言われてるんだろ

  • 168:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/25(土)
  • 11:37:01
  • ID:d+qeCuy4.net (1/2回)

>>164
いや、それ以前から恐竜の話で普通に特集番組あったから
恐竜の話などで最後に隕石が衝突の話やドラマ的にその様子を描いたのもあった
科学雑誌などでも80年中頃から末にはすでに主力の説として扱われてる。
それどころか、今言われてる火山活動による影響説に主力の座をとられるかも、
という話すらすでに当時あった

  • 169:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/25(土)
  • 11:48:15
  • ID:q4rnLzNl.net (1/1回)

>>168
当時のマスゴミは映像が派手というだけで、好んで隕石落下説を採用する傾向があったらな
テレビも子供向けの本も、そんなのばっかでうんざりした覚えがある
結果的に有力仮説になったから良かったのだが

似たものにスミロドン(サーベルタイガー)やメガロドン(巨大ザメ)が人類を襲う映像もあった
スミロドンは時代的には重なるが、その頃は南北大陸に人類は到達してないんだよね
メガロドンとなると、もうムチャクチャだが

だから特集番組があったから正しいとはいえない

  • 170:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/25(土)
  • 11:58:40
  • ID:d+qeCuy4.net (2/2回)

> だから特集番組があったから正しいとはいえない
もちろんそうだ、正しいかどうかの話じゃないからね
当時マスコミがどうだったか、皆に知られていたか、の話でしょ

  • 171:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/29(水)
  • 19:27:53
  • ID:lF3/+CXP.net (1/1回)

約1億年前の鳥の翼を保存した琥珀の研究論文が発表 
羽の色や生え方まで分かる保存状態の良さ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1606/29/news143.html

  • 172:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/30(木)
  • 16:06:43
  • ID:euxhG3ma.net (1/2回)

>>171
琥珀内の化石をX線スキャンしたのか
素晴らしいな
もしもエナンティオルニスのゲノム解析ができたら謎がいくつか解決されるな

  • 173:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/30(木)
  • 16:32:05
  • ID:XPHdi+lh.net (1/1回)

進化論って嘘くさいんだよね。

染色体の数が違うのに、
減数分裂ができるわけ無いじゃん。

  • 174:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/30(木)
  • 16:41:41
  • ID:euxhG3ma.net (2/2回)

>>173
現在進行形で観察できるのだから、嘘か嘘でないかの議論をする余地などない
http://www.hyoka.koho.titech.ac.jp/eprd/recently/research/research.php?id=116

>染色体の数が違うのに、減数分裂ができるわけ無いじゃん。
そんな単純な話ではなく、染色体数が違っていても生殖可能な異種がいるし染色体数が同一の近縁種でもオスが種Aで雌が種Bなら生殖可能
だが雌雄が逆になると不可能など、さまざまなケースがあるので一概に言えない
いずれにせよ進化云々と関係のない話題なので、ここ考える内容ではないが

  • 175:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/01(金)
  • 12:11:56
  • ID:4LCRC+MD.net (1/1回)
  • 176:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/01(金)
  • 15:56:21
  • ID:ZphJ5vt6.net (1/1回)

>>173
二倍体ならできるだろ

  • 177:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/09(土)
  • 23:52:47
  • ID:Wz1P2E9e.net (1/1回)

進化ってのは生き残りやすいモノが生き残るって事で
さらに遺伝子の変異をゼロにする事は不可能
つまり自己増殖する存在が十分長く存在するなら回避不可能な現象なんだよ
コレはこの宇宙に限った事ではなく
考え得る全ての宇宙の全てに当てはまる事なんだと

  • 178:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/10(日)
  • 03:13:29
  • ID:gF4jsiET.net (1/1回)

考え得る全ての宇宙の全てに当てはまる事とか何寝言こいてんだ

  • 179:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/21(木)
  • 12:09:15
  • ID:y41KtFqP.net (1/1回)

>これは種の多様性とともに、食餌の多様性も示している。
これが哺乳類が生き残った最大の要因かな

  • 180:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/21(木)
  • 14:40:46
  • ID:v3U2m5tw.net (1/1回)

>>177
進化というか変化あるいは多様化かな

  • 181:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/21(木)
  • 20:55:46
  • ID:Z0/5MifR.net (1/1回)

>>152
それは「無弓類」じゃなかったっけ?

  • 182:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/22(金)
  • 20:06:50
  • ID:syhjkK8t.net (1/1回)

>>181
双弓類とは?
哺乳類を含むグループの共通祖先を除いた有羊膜類
これでは範囲が広すぎて、しかも爬虫類との区別もあいまいで、分類単位としてあまり意味をなさなくなっている

側頭窓の数が0個でも1個でも2個でも双弓類、範囲は爬虫類と同じ(哺乳類を除く有羊膜類)
双弓類という分類単位の存在理由は既にない

  • 183:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/24(日)
  • 18:32:19
  • ID:4pkC3kM3.net (1/1回)

>>12
単細胞生物って系統的な分類ではないから

  • 184:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/30(土)
  • 17:22:39
  • ID:AYu85HMw.net (1/1回)

節足動物への反論として単細胞生物を出してくるとは斬新だw

  • 185:
  • 名無しのひみつ
  • 2016/07/31(日)
  • 15:27:48
  • ID:zlqn432Bc (1/1回)

 ★☆★ だまされていませんか? ★☆★

進化論は証明されていませんし、真実ではないので証明できません。
あなたの知らない驚愕の「真実」があります。

進化論の嘘
http://blog.livedoor.jp/hideki4612/archives/1018484878.html

恐竜は人類と共存していて4300年前に滅びました。
http://blog.livedoor.jp/hideki4612/archives/1036887257.html

  • 186:
  • 過去ログ ★
  • [過去ログ]
  • 09:00:00
  • (1/1回)

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています