• 1:
  • もろ禿HINE! ★@\(^o^)/
  • 2016/06/21(火)
  • 12:02:52
  • ID:CAP_USER.net (1/1回)

恐竜を絶滅させた隕石、哺乳類の90%以上を同時に消滅か:研究報告 (sorae.jp) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160621-00010000-sorae_jp-sctch


恐竜は白亜紀末期に飛来した巨大隕石やそれによる気候変動で絶滅し、我々の祖先となる哺乳類はその危機を生き延びた…通説ではそのように語られています。しかし化石の記録を元に新たに提唱された研究報告によると、この隕石は同時に93%もの哺乳類を絶滅させていたようなんです。これは、従来考えられていた割合よりもずっと多いものになります。
 
バス大学で進化を研究するミルネール・センターの研究者たちは、巨大隕石が飛来した前後とされる6800万年前〜6570万年前の哺乳類の考古学上の報告を調査しました。その結果、以前予想されていた「75%の絶滅」という数値よりも遥かに被害の規模が大きかったことが判明します。
 
さらに興味深いことに、この巨大災害の後に哺乳類は猛烈な勢いで勢力を吹き返したことも報告されています。その勢いは、30万年で隕石の衝突前の2倍に達するほど。この現象について、ミルネール・センターのNick Longrich氏は以下のように語っています。
 
「隕石衝突後に哺乳類が急速に普及したことから、従来隕石は哺乳類に大きな影響を与えていなかったと考えられていました。しかし実際はトカゲやカメ、クロコダイルよりも遥かに大きなダメージを受けていたのです。しかし、哺乳類は非常に高い環境適応力を示したのです」
 
「その他にも、哺乳類の普及には爆発的な種の増加がありました。地球上で同時に、さまざまな地域でさまざまな哺乳類が繁栄していったのです。そのことも、哺乳類の急速な繁栄に貢献したものと思われます」
 
私などは学習漫画で、隕石の後にネズミのような哺乳類が進化し、繁栄していった…と習ったものです。どのような哺乳類が隕石落下を生き延びたのかはさておき、私たちの先祖は想像よりも遥かに力強い生命力を秘めていたようですね。

  • 2:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/21(火)
  • 12:18:00
  • ID:AFrMzUxe.net (1/1回)

隕石絶滅説って、最近の研究で否定されてなかった?
落下したことの否定だったか、絶滅したことの否定だったかは記憶が曖昧だけど…

  • 3:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/21(火)
  • 12:24:39
  • ID:e65AjtzQ.net (1/1回)

恐竜が絶滅して、天敵がいなくなったからじゃね?

  • 4:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/21(火)
  • 12:40:16
  • ID:/IfFHNnN.net (1/1回)

知ってた。

  • 5:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/21(火)
  • 12:49:27
  • ID:7hLRdcNd.net (1/2回)

>>1
重複じゃね

  • 6:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/21(火)
  • 13:02:36
  • ID:R/F9yAmd.net (1/1回)

>恐竜を絶滅させた隕石

こういうカタストロフィーには
絶対的な基礎代謝の少ない個体が有利。
かつ、
哺乳類は恐竜の死体食って生き延びたんだよwww

  • 7:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/21(火)
  • 13:11:17
  • ID:MtHQ73Q/.net (1/1回)

>>1
まあ、6500万年前に巨大隕石が地球に衝突して以降、

哺乳類が爆発的に繁栄した理由は、
まだ余り、指摘されていないが、

実は、その時に地球の大気がゴッソリと剥ぎ取られて、地球が急速に寒冷化に向かったからなんだよな。
つまり、爬虫類や恐竜などに比べ寒さに強い哺乳類が繁栄したってことだ。

隕石衝突前は、地球の大気は厚く濃密で、気温は高く、また現在の青空と違い当時の空(と海)は赤みを帯びていた。
海を体内に閉じ込めたと言われる血液の色が赤色なのは、その当時の名残り。

  • 8:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/21(火)
  • 13:35:00
  • ID:xKmXGQ1W.net (1/1回)

>>2
否定されてない

  • 9:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/21(火)
  • 13:59:41
  • ID:7hLRdcNd.net (2/2回)

たしか大型の動物がかなり打撃を受けた
んだよな
小型種はかろうじて生き延びた

そこでワニやウミガメはどうやって
生き延びたんか、って疑問が残るん
だよな

  • 10:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/21(火)
  • 14:11:39
  • ID:q8LeOn6g.net (1/1回)

ちょうど今頃、6月頃に衝突したらしい

  • 11:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/21(火)
  • 14:14:27
  • ID:TYlbCgFM.net (1/1回)

隕石衝突より前に恐竜は絶滅寸前になっていて
隕石がトドメを刺したって聞いたけど・・・
 
つか、学者って何にでも衝突説を好み杉やないか

  • 12:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/21(火)
  • 15:56:16
  • ID:+K4aqcL0.net (1/1回)

自然淘汰というより「運」だな

  • 13:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/21(火)
  • 16:23:27
  • ID:m4qq0VhA.net (1/1回)

温暖な気候が長く続けば変温動物の爬虫類でも問題ないが、
気候変動が激しくなると、恒温動物の方が有利。

  • 14:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/21(火)
  • 18:08:14
  • ID:28GqjKfb.net (1/1回)

恐竜は恒温動物だったんだろ。今の鳥類同じで。

  • 15:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/21(火)
  • 18:10:42
  • ID:fBxZTPmq.net (1/1回)

>>7
じゃぁ、生きた化石のカブトガニの血はなんで青いんだ?
 
 
血液の色はその成分に鉄分が多く含まれているのか、
その他の成分が多く含まれてるのかで見え方が違うだけだろ
何をしれっと知ったかこいてんの?
 
ちなみにカブトガニは銅を血中に多く含んでいて青く見える

  • 16:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/21(火)
  • 18:21:45
  • ID:waKPOvYs.net (1/1回)

>>9当時のワニ・カメは絶滅
今のワニ・カメは別に進化した別種

  • 17:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/21(火)
  • 18:21:49
  • ID:VsMIaeeF.net (1/1回)

あの規模の隕石でどうやって生き延びたんだろうな

  • 18:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/21(火)
  • 18:57:12
  • ID:8G7SMsOj.net (1/1回)

津波が来たら、ダチョウ倶楽部の要領でこうすれば助かるんじゃね?
sssp://o.8ch.net/ddur.png

  • 19:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/21(火)
  • 21:02:26
  • ID:PUIAu+h6.net (1/1回)

つまり、ネズミの他に何がいたの?

  • 20:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/21(火)
  • 21:13:36
  • ID:zOael0M3.net (1/1回)

隕石到来で海水はどうなったんだろうか
海の生物はあまり影響をうけなかった?

  • 22:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/21(火)
  • 23:04:10
  • ID:Kneagsle.net (1/1回)

結局、、恐竜だけ滅んだのは小型の種がいなかったからで
良いのかな

  • 23:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/21(火)
  • 23:06:11
  • ID:b3kMND4d.net (1/1回)

>>15
GJ

  • 24:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/21(火)
  • 23:48:28
  • ID:FYwcu/jd.net (1/1回)

中南米原産の植物が多いのは関係有るんか

  • 25:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/22(水)
  • 00:39:34
  • ID:t8zRdT4D.net (1/1回)

>>24
野生植物で中南米に特に植物の種類が多いってことはないけどなあ
東南アジアだって多い

>>24が言いたいのは、

中南米に作物とかで役立つのが多いのと関係があるのではないか
(トウモロコシ、トマトなど)

ということか?

  • 26:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/22(水)
  • 03:11:23
  • ID:dAH9fRmH.net (1/1回)

>>22
そうじゃね
羽毛恐竜から分れて小型化した鳥類が
かろうじて生き延びた

  • 27:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/22(水)
  • 07:37:53
  • ID:BbUnM/PL.net (1/1回)

>>19
これ昔から知りたいんだよね
俺らの祖先がネズミなワケないと思うし
かといって小さいサルのような生き物でもないだろうし

  • 28:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/22(水)
  • 16:08:21
  • ID:/VCKm0BM.net (1/3回)

>>19
>>22
ネズミは齧歯目
人間は霊長目
最古の齧歯目化石が出土するのは5500万年前で恐竜が絶滅した1000万年も後の時代
同じ頃、霊長目の最古の化石も見つかっている

恐竜の化石が見つかる中生代の地層からは、齧歯目の化石は見つからない
しかしネズミのような外見の、違う動物の化石は見つかっている
ネズミのような体型は、小型哺乳類の基本体型ということ

系統の遠い動物同士の姿が似ることを収斂と呼ぶが、別に珍しくない

例えばハネジネズミとピグミージェルボアとハツカネズミの三種を並べると、直感的にはハネジネズミとハツカネズミが近い仲間だと思うだろう
しかし実際はピグミージェルボアとハツカネズミが親戚で、ハネジネズミはネズミよりゾウやジュゴンに近い動物

  • 29:
  • 28@\(^o^)/
  • 2016/06/22(水)
  • 16:09:16
  • ID:/VCKm0BM.net (2/3回)

>>22じゃなくて>>27だった

  • 30:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/22(水)
  • 16:34:33
  • ID:zwLNzaP2.net (1/1回)

衝突した隕石ってどこにぶつかってかけらでも残ってるの?

  • 31:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/22(水)
  • 16:54:58
  • ID:/VCKm0BM.net (3/3回)
  • 32:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/23(木)
  • 16:30:47
  • ID:9P9Ioeul.net (1/1回)

>>28
オーストラリアの有袋類は系統が全く違うんだけど
やっぱりネズミ型が基本なんだよな

歯や胎盤など細かい構造は違うんだけど
パッと見はネズミw

  • 33:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/24(金)
  • 00:03:37
  • ID:H6dqQSv8.net (1/1回)

>>7
イデオン発動編のラスト思い出した

  • 34:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/24(金)
  • 00:25:27
  • ID:cVn2iKea.net (1/1回)

まあネズミってのはネズミ型の生物の総称の意味もあるからな
一概に違うとか、使うなとも言えん

  • 35:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/24(金)
  • 04:05:27
  • ID:g2h0i+pO.net (1/2回)

素直に考えてもネズミみたいな形は生き延びやすいと思う。
特殊な形はエサ選ぶから住む場所も選ぶ。まーそうゆーこっちゃね。

生き延びた連中はおそらく冬眠が出来たからじゃないかなと勝手に考えてる。

  • 36:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/24(金)
  • 04:07:01
  • ID:g2h0i+pO.net (2/2回)

あとでかいのもこんな天変地異で生き残るのは難しいだろうな。
体維持するには膨大なエサいるだろしね。

  • 37:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/24(金)
  • 04:30:34
  • ID:n+bfA26V.net (1/1回)

哺乳類というよりもこの一万年の人類の異常増殖は何を物語っているのでしょうか

  • 38:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/24(金)
  • 11:08:31
  • ID:VCPVq+mO.net (1/1回)

>>37
異常増殖は人類特有の現象ではない
日本だけでなく世界的に、オオカミの狩り過ぎによって鹿の増えすぎ現象が起きている
そこでオオカミを再導入して鹿の数を適性に保とうという議論が近年活発に行われている

だがまあ、鹿はともかく人類には個体数を調節してくれる天敵がいない
出生数を減らして人が増えすぎないようにすると社会保障問題が起きる
http://www.paci-nenkin.com/wp-content/uploads/2012/06/641q7v03.gif
年金などに問題が起きないだけの数の子供を産みまくると人口問題、環境問題が浮上する
ならば、世界で寿命を定めて…例えば50歳以上はどんな病気や怪我でも一切医療にかかれないようにでもするか?
それでも金持ちはこっそり医療を受けるだろうし、誰も納得できないだろう

  • 39:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/24(金)
  • 21:40:23
  • ID:YApQUy+K.net (1/1回)

>>38
寄生獣思い出したわw

  • 40:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/30(木)
  • 16:34:38
  • ID:euxhG3ma.net (1/2回)

哺乳類は昆虫食、果実食、菌食が多かったのも、大量絶滅後の繁栄に関係しただろう

  • 41:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/30(木)
  • 16:46:01
  • ID:euxhG3ma.net (2/2回)

果実食の爬虫類もいないではないが、大半が島嶼性で特殊化したもの
菌類食の爬虫類はいるのだろうか?
白亜紀末に恐竜が絶滅した後、菌類が大きく適応放散したことが化石から推定されている

  • 42:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/06/30(木)
  • 17:44:11
  • ID:MEokMRUr.net (1/1回)

そもそも菌類って他でも殆どいない

  • 43:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/02(土)
  • 01:23:22
  • ID:5XL9dlGm.net (1/1回)

大型動物は環境が長期安定している時には体躯の強みを生かせるが
急変する時には世代交代間隔の長さが適応の遅さとして不利に働くんじゃないか。

  • 44:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/02(土)
  • 13:59:35
  • ID:Xmy32wTB.net (1/2回)

>>42
牛や馬などの草食哺乳類が、菌食性
草食哺乳類が植物を食べているのは、体内で菌類を増やす餌にするため
中生代、いわゆる「恐竜の時代」には大型草食動物はいなかった

さらに昔の石炭紀には、地球上に樹木を分解できる菌類が登場していなかったため、倒木はいつまでも分解されずに化石化し、大量の石炭になった
現在も菌類の活動が鈍る寒冷地では、倒木が完全には分解されず泥炭化する

  • 45:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/02(土)
  • 14:43:26
  • ID:eBnm2BWR.net (1/2回)

牛や馬ってのは一般には草食性じゃね
何にしてもあれを菌とか思う人はいないだろう、一般にも分かるように言った方が良いと思うわ

  • 46:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/02(土)
  • 15:28:22
  • ID:aKpl1XC1.net (1/1回)

共産党と社民党

  • 47:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/02(土)
  • 15:36:53
  • ID:Xmy32wTB.net (2/2回)

>>45
一般って、誰だ?
何を知っていて何を知らない人種を「一般」と定義してるんだ?

じゃあ、こんな話をしたらどうなる?

菌類を食べる菌食性動物は、その大半が昆虫なわけだが
草を食べる草食性動物もまた、その大半が昆虫となる
地上における昆虫のバイオマスを考えれば、当たり前の話だな

すると、牛や馬などの「草食」は「昆虫」をよけて食べているのだろうか?
これも当たり前だが、そんなことはない
昆虫ごと草を食べる
そして消化吸収する
むしろどちらかと言えば、効率良く吸収できる貴重なタンパク源として昆虫を利用している

積極的に昆虫をハンティングしていないだけで、牛や馬の食事の中には昆虫もかなり含まれている

では「草食」とは偽の分類で、本当は全て雑食動物なのか?
そうではなく、セルロースを栄養として利用できる哺乳類が「草食」の哺乳類
しかし、哺乳類はセルロースを分解できない
分解しているのは、体内の菌類だ

ふと思ったが、体内細菌という単語は最近テレビCMでもしょっちゅう耳にする言葉じゃないか?
案外、「一般」の方々もそんなに無知・馬鹿じゃないかもしれないぞ?

  • 48:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/02(土)
  • 20:47:30
  • ID:eBnm2BWR.net (2/2回)

>>47
> 一般って、誰だ?
> 何を知っていて何を知らない人種を「一般」と定義してるんだ?
一般の人以外に誰がいるのかと
牛や馬が菌食なんて思ってる奴はまずいない

  • 49:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/02(土)
  • 22:26:44
  • ID:l2YIp/tL.net (1/1回)

つか牛や羊は菌類の発酵だよりだけどウマやゾウはそうでもなく大部分は自家酵素のによる植物の分解だろ。
だから圧倒的に効率悪いけど。
そもそもセルロースじゃなくて植物内のタンパク質(圧倒低にルビスコだが)やショ糖、デンプンが草食動物の食料だし。

しかも菌類かってても蟻や人間がやってるみたいに菌そのものを食料にしてるわけじゃなくて、
菌によって分解された食べた植物そのものの栄養素を吸収してる大型草食動物のどこが菌食動物なんだよ。

  • 50:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/04(月)
  • 09:39:22
  • ID:5pzDtCdZ.net (1/2回)

>>48
>牛や馬が菌食なんて思ってる奴はまずいない

俺も牛や馬が菌食だなんてこれっぽっちも思ってない

しかし「牛や馬が菌食ではないということが自明の理だとして暗黙に定義する」という態度が科学的ではないと考える
その考えに従って、問題提起した

ひっかけ問題のようだが「牛や馬」とひとまとめにしているところが、一つのミスリード
ひっかけるために、わざと「牛や馬」という言い方をしてきた
馬に関して言えば
>>49
>菌によって分解された食べた植物そのものの栄養素を吸収してる
で合っているが
牛は体内で飼っている菌を消化してタンパク質を得ているので
>しかも菌類かってても蟻や人間がやってるみたいに菌そのものを食料にしてる
という一文のまさにそのまま

つまり
>大型草食動物のどこが菌食動物なんだよ。
と言いつつ、>>49自身が定義した「菌類かってて菌そのものを食料にしてる」に当てはまっている牛を除外するという矛盾した発言をしている

ま、そんなわけで
深く考えずに暗黙の定義だと決めつける態度は、科学的ではないですね
当たり前を疑う態度が肝心です

  • 51:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/04(月)
  • 09:52:14
  • ID:5pzDtCdZ.net (2/2回)

さて、話をやや横道に逸らしてしまったがスレの話題に戻って
個人的には、草食性哺乳類は昆虫食から進化したものだと推測している
そして恐竜絶滅直後、K/Pg境界直後の時代には、昆虫食から発展したキノコやカビのみを食べる純粋な菌類食性の哺乳類も多数いただろうと推測している
おそらく半地中性だっただろう

  • 52:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/04(月)
  • 09:54:24
  • ID:D7nbWVwM.net (1/1回)

そもそもその隕石はどこに堕ちたの?

ジャブロー?

  • 53:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/04(月)
  • 21:38:34
  • ID:v7623dAe.net (1/1回)

>>52
メキシコじゃね

  • 54:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/04(月)
  • 22:53:01
  • ID:/jzBjRZz.net (1/1回)

小惑星の衝突が直接の原因ではなくて火山噴火などとの複合的な要因で恐竜は絶滅したんだろ。

  • 55:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/06(水)
  • 09:28:46
  • ID:HvKB/Cph.net (1/1回)

デカン高原を形成した火山活動も、この時代

  • 56:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/21(木)
  • 12:12:07
  • ID:y41KtFqP.net (1/1回)

白亜紀末の「生物種70%絶滅」というフレーズも書き換え時か?

  • 57:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/24(日)
  • 18:11:49
  • ID:4pkC3kM3.net (1/2回)

>>22
恐竜は生き残ってしかも現存種は哺乳類より多いんだって
ただし1つの羽毛があって空を飛んだ系統しか生き残れなかったけど
完全に絶滅したというのは三葉虫やアンモナイトや魚竜や翼竜や首長竜などの種類

  • 58:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/24(日)
  • 18:29:31
  • ID:4pkC3kM3.net (2/2回)

>>50
菌って言うと普通は細菌とごっちゃにしたような言い方は最近はまずしないと思うんだけど
牛のルーメン内の微生物って菌食っていえるほど菌類が多いのかね?
バクテリアや菌類以外の単細胞真核生物の寄与は小さいのかね?
それともどこかの科学分野では微生物全般を食う食性と言うような意味で菌食ってのが定義されているのかな?
それに牛や馬の草と一緒に問い摂取する虫の栄養的な寄与はそんなに大きいのかい?

  • 59:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/24(日)
  • 18:59:12
  • ID:/+reYhnS.net (1/1回)

隕石落下後25kg以上の全ての生き物が全滅したと聞いている

  • 60:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/28(木)
  • 12:11:53
  • ID:uC1b8Vyp.net (1/2回)

>>59
どこで

  • 61:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/28(木)
  • 14:21:14
  • ID:MVDnl0nR.net (1/1回)

>>7
アホか
地球の大気の変貌なんてカンブリア紀とシルル紀までの億年単位の変貌が
僅か一瞬で起きたら哺乳類どころか多細胞生物はクマムシ以外全て全滅するわ
寝言はVIPかなんJで言ってろ

>>51
菌食なんてアリクイ以上に歯が退化してる筈なんだけど
その過程の化石が発掘されてないのは何で?
つーか何でこのスレはこの場の思いつきでレスするバカが多いんだよ?

  • 62:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/28(木)
  • 17:29:25
  • ID:uC1b8Vyp.net (2/2回)

>>61
お前はバカじゃないの?
それとも、バカの一匹の分際で他人をバカにしてんの?

  • 63:
  • 名無しのひみつ
  • 2016/07/28(木)
  • 19:47:47
  • ID:IDAn3H3nR (1/1回)

 ★☆★ だまされていませんか? ★☆★

進化論は証明されていませんし、真実ではないので証明できません。
あなたの知らない驚愕の「真実」があります。

進化論の嘘
http://blog.livedoor.jp/hideki4612/archives/1018484878.html

恐竜は人類と共存していて4300年前に滅びました。
http://blog.livedoor.jp/hideki4612/archives/1036887257.html

  • 64:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/28(木)
  • 21:29:41
  • ID:4bFBGPfr.net (1/1回)

禁色オカマ野郎

  • 65:
  • 名無しのひみつ@\(^o^)/
  • 2016/07/28(木)
  • 22:05:08
  • ID:ebjKHmz5.net (1/1回)

>>61
そこでクマムシを出したお前にものすごいアホくささを感じる

  • 66:
  • 過去ログ ★
  • [過去ログ]
  • 09:00:00
  • (1/1回)

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています